遊ぶように真剣に仕事するログ

【映画で旅するN.Y】『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』【イラストルポ】

【映画で旅するN.Y】『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』【イラストルポ】

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』家の住み替えをしようとする大人のカップルの物語。程よくコメディ、程よくほっこり。そんな映画です。

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります|あいすまみイラストルポ

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』はこんな人にオススメの映画

  • ニューヨークで暮らしてみたい方
  • インテリアや不動産を見るのが好きな方
  • 素敵な大人を目指している方

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』

高齢になり、新婚以来40年間暮らしたアパートを売りに出す夫婦の物語。

古いけれども味のあるアパートの窓から見えるはブルックリン橋。

超羨ましいのがアトリエの部屋。うーん、まさに絵になる!

でも階段のみはつらい。今は元気でも、ヨボヨボになったら暮らせないかもねと、少し先行き不安になる要素もあるアパートです。

 

愛着ある我が家を手放すのが実は乗り気でない夫アレックス。妻の希望を叶えたいとは思うものの、葛藤が隠しきれません。

そんな妻ルースが家を手放そうと思ったのは、最近階段の登り降りがつらそうな夫を思いやってのこと。

ちょっと、素敵なすれ違い。愛だわー。まるでオー・ヘンリーの『賢者の贈り物』みたいですよね。

 

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』の見どころ

名優揃いのキャスティング

  • 夫 アレックス……モーガン・フリーマン
  • 妻 ルース……ダイアン・キートン
  • ルースの姪の不動専業者 リリー……シンシア・ニクソン

モーガン・フリーマンにダイアン・キートン。キャスティングだけで、もうこれは観るしかないでしょ。

貧乏画家アレックスと元教師の妻ルースは、超おしゃれな大人のカップル。

帽子やメガネの小物使いが素敵で真似してみたい。2人ともシニアというより、素敵な大人という言葉が似合います。

お互い年老いても、変わらずに愛情を注ぎ合えるのは、黒人と白人の結婚が難しかった時代に強い絆で結ばれたからだと思います。

 

脇を固めるのは、不動産業者リリー役のシンシア・ニクソン。『SATC』で有名な俳優さんなので、ニューヨークで活躍するビジネスマン役がとても自然に感じます。

リリーは押しが強くてパワフルな、やり手のビジネスマンというキャラクター。このくらい強烈じゃないとニューヨークでは生き残れないのかな。一心不乱に業績を上げようと走り回る姿は、ちょっとコミカルでもあります。

 

ニューヨークの不動産事情を垣間見れる

 

映画で見る不動産売買の様子は、日本とだいぶ違うなと思いました。

家を売ろうと思ったら、オーナが内覧会を設けます。内覧会には、大勢の人が家の中を見学にやって来ます。

買いたい人は希望額で入札して、一番高値をつけた人が家を落札するシステム。

見学客の中には、単なる野次馬もいたり失礼なお客さんもいたりします。

ベッドの寝心地を試している人、大事なアトリエの荷物をゴミ扱いする人、自分の家のリビングのようにTVに見入る人。言いたい放題、家にケチをつけられて全く入札がなかったら、もう散々。これは、買い手がつくまで家の持ち主は、結構なストレスになりそう。

 

映画では、狭いという設定で登場するアパートは、日本人から見ると十分に広くみえてしまうのが悲しいところ。

家が売れたお金でエレベーターのあるアパートに住み替えるのが最終目的ですから、なるべく高値で手放したいわけです。

9500万ほどで買い手がつきそうなアパート。一方で買おうとしている新居は中古のアパートで1億2千万円近く…。

これでは赤字だと思うのですが、かまわず話はどんどん進んでいきます。

繰り広げられる入札合戦の駆け引きも大変に面白いです。さて、二人は無事に新居を手に入れられるのでしょうか。

 

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』の原題は?

”5 Flights Up”が原題です。Flightには、よく聞く飛行機のフライトの他に、階をつなぐ階段という意味があるらしい。

直訳の『5階階段を上がる』だと、一気にヒットしない映画っぽくなるので、意訳されたのかなと想像します。

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』だと、おしゃれなコメディ映画ぽい雰囲気に変わるので、不思議ですよね。

 

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』を観て思うこと

年齢を重ねるのも悪くない

歳をとったら終わりという価値観に堂々と物申せる大人の映画です。

モーガン・フリーマンとダイアン・キートンだから、余計にかっこよく見えるというのは、差し引いたとしても、いい年齢の重ね方を模索している人には、お手本として最高の映画だなと思います。

 

『大人が楽しそうに生きる』

これは、後世の人に対する大人の責任だと思うことがあります。希望が持てるようなローモデルの大人がたくさんいたら、世の中がよくなるんじゃないかな。

年齢を重ねても、かっこよく生きたい!そんな前向きな気持ちになれる映画でした。

映画のエンディングに思う

2人の家をめぐる騒動とマンハッタンの街でのテロ事件も並行して進行していくストーリーが考えさせられます。

実際に9.11後のニューヨークにも似たようなヘイトクライムは多くあったと記憶します。

テロ被害の矛先のない怒りが、逆にヘイトクライムへと向かう流れは、人間としての危機的な状況だと思います。

 

映画のエンディングで、1ワールドトレードセンターが映し出されるのが印象的でした。映画が公開されたのが2014年。この映画は、9.11テロ事件からは13年後の映画です。

映画に静かに込められた、もう1つのメッセージ。あれから世の中は少しでも良くなっているだろうか。良くなっているといいね。映画からはニューヨークに向けた愛情と祈りを感じました。

 

愛ってホント大事よね。

元気が出る。勇気付けられる。迷いのあるとき背中を押す。応援する。肯定する。

可能な限り、世の中に発するのは、愛ある言葉でありたい。個人としてできる小さなことですが、意識してやろうと思っています。

映画とは、ちょっとそれましたけれど。。。みんな幸せになあれ。

 

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』

のんびり

Haapy度

ためになる

ワクワク感

スリル感

 

『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』 2014年 アメリカ

映画レビューカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。