遊ぶように真剣に仕事するログ

【報告】サイト公開500日目の今後の目標

【報告】サイト公開500日目の今後の目標

アトリエIMAのサイトリニューアルをしてから、本日2020年3月17日で500日です。激変する世の中でどう生きるか考えてみました。

この100日のできごと

まずは100日前に立てた3つの目標設定を振り返る

  1. クリエーターEXPOで確実に仕事を受注するための戦略を練る
  2. 物や事を精査して明確化する
  3. 体を鍛える

1クリエーターEXPOで確実に仕事を受注するための戦略を練る

ご承知の方もいるかも知れませんが、クリエーターEXPOはコロナウィルス対策のため10月に延期となりました。参加申し込みをした時点では全く予想できなかった出来事。

正直に言うと、イベントが延期になり安心しました。

近日開催された同様のイベントは集客数が前年比75パーセント減などというニュースが飛び交っています。このまま、無観客試合化するのではないかと半ば諦めモードでモチベーションも下がる一方。

積極的な告知をしにくいのに、開催日がどんどん近づいてくるのは少し不安でした。おそらく、他の参加者の方も悩みながら耐えていたのではないかなと思います。

パンフレットなどの印刷は、発注のデッドラインまで保留にしていたので、その点では実害なしでした。

考えた末、延期になった10月のクリエーターEXPO2020への参加は見合わせることにしました。

『お仕事を受注するため』に起こしたアクションなので、イベントにこだわる必要はないと現状では思っています。

平常時ならば、私のように無名のイラストレーターの場合は、多くの人が集まる場所でPRすることは効率がいいと思います。

しかし今の状況を考えると、他の営業戦略を練るべきではないかなと感じています。

仕事を受注するための戦略を練る

この部分だけは、常に忘れないようにしたいです。

2物や事を精査して明確化する

自分で書いておきながら、100日前に何を考えて書いたか見事に思い出せません。抽象的な目標はダメだという例ですね。

今新しい気持ちでこの言葉を見たときに思うことは、

何かをするときは、優先順位や重要度を考えた方がいい

そんな感じでしょうか。やることとやらないことを決めたりすることも大事ですよね。

3体を鍛える

シンプルで地味な目標ですが、100日前は気がつかなかった健康の重要性をコロナウィルス騒動で再確認しました。

結果から言うと、ジム通いしたい熱の高まりとコロナのブームが見事にマッチしてしまいました。近所の24Hフィットネスも短縮営業していますが、窓から見ると無人状態なんだよなあ。

代わりに人のいない公園を歩くという地味な日々。人からは枯れた趣味って言われますが、確かにw

その効果なのかわかりませんが、今年はなんと風邪をひいていません。

呼吸器がめっぽう弱いので、素晴らしく楽な冬を過ごすことが出来ました。

 

サイトの看板を屋号ではなくペンネームに変更

理由はペンネームは人と被らないオリジナリティがあるからです。

それから、この名前には決意とパワーが込められています。

私は、自己肯定感がめちゃくちゃ低いので、この名前を見た時は、勝手に自分で自分を愛せるようになりたいと思い込むようにしています。自分に自信を持つには、努力が必要です。何もしないで自分を好きでいることは難しいと思うから、サボらないようにしたい。

亡き師匠からいただいた名前に恥じないように、自分の夢に背中を向けないようにしたいと思います。

 

文章の書き方を学んでみたら自分が超恥ずかしくなった

以前は、文章を書く人がいて読む人がいる。私は読む人。そんな感じでした。

なんなら「文章なんて特別な人が書くもんだ」くらいに思っていましたから。

 

しかし、たまたま文章を書く機会を得て、自分ごととして捉えてみたら、とても面白いことに気がつきました。

 

ただ、書き始めてみたら、もう少し上手に文章が書けるようになりたいと欲が出てきますよね。

実は、ライティング教室に通うようになってからは、自分が書いた文章が恥ずかしくなってしまって、アウトプットに躊躇するようになりました。書くために通ってるのに逆効果じゃないのとも思いますが。

恥ずかしいと思った理由は、単純に自分の文章が拙いからというだけでなく、職業として書いていらっしゃる方々の熱量に触れたことで気づきがあったからです。

こんなレベルの文章をぽいぽい発信してはいけないんじゃないかなと思うようになりました。

同時に「文章を書くために文章を読む」ようになりました。本からは書いてある内容だけではなく、構成や文体など学ぶことが多くあります。

 

媒体やターゲット、目的によって文章の書き方はたくさんあり、正解は1つでないことも知りました。ちょっと尻込みしているのも事実です。

 

とは言え、新しいチャレンジすることは、とてつもなく楽しいことでもあります。もがく時間も然りです。

今日現在、ライティング教室の最終課題の原稿を書いています。

多分人生で書いた文章の中では、一番悩みながら、書いては消し書いては消しです。祈るような気持ちで書いています。

最低限、赤入れする価値がある文章を書きたいと踏ん張っています。

 

Twitterはどうにか活用するようになった

とにかく苦手意識があって活用していなかったSNS。

ひとまずTwitterは、毎日チェックするようになりました。

リアルにつながりのある方はFacebookにいることが多いのですが、全く活用できていません。

また、イラストをアップするならInstagramだなと思いつつ活用できてないのが反省点。

どちらかというとTwitterは検索ツールとして使うことが多くなりました。

例えば、なかな行けない場所のタイムリーな情報などを知ることが出来て便利ですよね。

そうか、検索する人の気持ちでSNSも発信するべきなのか。今気がつきました。。。。

フリーでデザインやイラストのお仕事していてよかった

コロナ コロナの毎日ですが、テレビは一切見ていないので、人よりも刺激的な情報が入ってないと思います。とは言え、不穏な世の中の空気感は日々じわじわと感じます。

東日本大震災の時は、不安なのにテレビから離れられなくなって、逆に不安が増しました。だから極力、客観的な文字情報だけ見るようにしています。

 

コロナの件で、急に幼稚園や学校が休みになり、急なテレワークで仕事と家庭の対応に同時に追われている方々は大変ご苦労されていると思います。

私の仕事がオンライン完結出来る職種なのは幸運です。リモートで出来ない仕事も世の中にはあります。どこで仕事をするか選択肢のない方もいる。

私自身は、仕事の仕方は今までと特に変化がありません。

確かに自由に外に出られなくなりました。美術館も博物館もイベントも、図書館までもお休みです。ちょっと悲しい。

しかし、家から出なくてもやるべきことは山積み。こんな時こそ引きこもって、何かに取り組んでみるのもいいかなと思っています。

 

今は特に仕事上ストレスを感じていませんが、景気の不透明感は気になります。

受託だけの仕事だと行き詰まりそうなので、今後の身の振り方を考えるべきだなと思います。

まとめ 次の100日どうするか

次の100日に向けての決意表明です。先が見えない状況でどんな判断をするのか。大事な時期だと思います。

600日目に向けた5つの目標設定

  1. セルフブランディングの強化(絵柄や方向性とターゲット)
  2. ストックイラストへの積極的な参入(媒体の選定 押し出すイラストの精査)
  3. 登録型サイトからの受託(ランサーズなど)
  4. ブログを営業ツール化する(ギャラリーではなく営業カタログ的な機能性を高める)
  5. 実験で立ち上げた別ブログは趣味もかねて楽しみながら運営(ぬい撮りしたい)

次の100日間も頑張ってみたいと思います。

 

働き方実験カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。