【定期報告】サイト公開800日目に思うこと

【定期報告】サイト公開800日目に思うこと

本日サイト公開より800日目です。年末年始も休みがなくて例年のように年末の振り返りや年頭の目標について考える余裕がなかったのでここで一区切り。最近考えていることや感じていることをまとめてみました。

サイト公開800日目

自然と方向性が変わった2020年後半

2020年は前半と後半でかなり時間の使い方や働き方が変わりました。年のはじめに計画していたことや思っていたことは、ほぼ計画倒れで中止や流れた話だらけの残念無念。

自由に移動することも難しかったので、理想と現実のギャップを再認識しました。

昨年にあってはコロナの影響から完全に逃れられた方は、まずいないと思いますので、それぞれ悔しい思いがあった年に違いありません。

逆に激変する世の中で急遽生まれたニーズを上手に掴めた方は、この年大成功したのかも知れませんね。

私は、年の前半はなんとか今まで通りの自分であろうと毎日抵抗をしていたように感じます。

夏を境に調子を崩して行動も自然と変化しました。SNSやブログの発信量も減ってしまいました。

コロナの世界は見ていて辛い

目に見えない病気を防ぐために張り巡らされたシールド。表情がわかりにくいマスクの標準化。お店に入れば投票ブースのようにスペースが区切られていている。床の間隔を測るライン。ソーシャルディスタンス。どこに言っても消毒、検温で入院中の気分。

必要なことですが、目から入ってくる情報としては最悪な気がします。

こんな毎日じゃ心折れちゃうよなあ。…ということで、ついつい自然界や美術の世界に心の拠り所を求めてしまいますが、ミュージアムや庭園も閉園だったりで今年はじわじわと辛かったです。

なぐさめに人がいないような場所を選んで、うろうろ歩いていました。

外を出歩いている発信をするだけでもお叱りを受けたりするような状況の中、迷いもありました。

このまま家から出ない生活に戻るのは忍びないなと思って、毎日をどうにかしたかったんだと思います。

交通事故にあった

うろうろしていたら夏に交通事故にあいました。事故がきっかけで体調も崩しました。事故自体はそこまで大事ではなかったものの、後遺症が長引いて日に日に元気がなくなっていました。

原因は結構単純で、片足をずっと固定していたために足の長さが左右で3センチずれたことによるもの。骨盤もずれて肩こり頭痛の連鎖反応というだけの話でしたが結構しんどかったです。

今は整体師さんに歪みをとっていただいたら嘘のように元気になりました。いまだに正座が出来ないので少し困っていますが、気長に体調を戻そうと思います。

着物沼にはまる

祖母や母の影響で着物は元々身近な存在でしたが、なぜか今更ドーンとはまりました。

おかげで負の遺産だと思っていた着物の山が宝に感じます。

私は昔、時代劇や一年中着物を着ている設定の主人公が出てくる漫画のアシスタントをしていたので、着物について日々勉強していました。漫画で間違いを描くと編集部に投書がくるので資料は時間をかけて調べる必要がありました。

当時は寝に帰るだけで精一杯でしたから、自分が着物を着て楽しむ余裕は全然ありませんでした。

知識として頭に入れようとしていた着物は、とても難解なものでした。

しかし自分の目で見て触れて楽しみだしてから一気に理解が深まります。あんなに苦労していたのに近道は自分が実際に着てみることだったとは。あの頃気がつけばよかったです。

着物の世界はまるでパズルです。素材や格、季節、模様の意味、色。色々な要素を考えて合わせる必要がありますので、逆に深くはまり込む幸せがあります。

先に書いた事故の保険金が少し下りましたので、災い転じてなんとやらで着物を一つ仕立ててみました。

普段はお仕立て済みかアンティーク専門の庶民なのに、ちょっと贅沢。

色々反物をあてて呉服屋さんに選んでもらったのは、自分では普段は選ばない淡いピンクの着物。着物の世界ではピンクは大人の特権とされていますから、私もとうとうそちらの世界行き?

光によって灰色がかったようにも見える少しくすんだピンクの花織の着物。

普段は渋好みの私ですが、年齢を重ねると渋い着物が渋すぎて似合わなくなってくる時期があるそうです。淡く可愛い色は大人の色なんだって知りませんでした。私も本当に大人になったんだわ。

コロナで式典がなくなる可能性がありますが、現在仕上がり待ち中でとっても楽しみ。娘の卒業式と入学式に着る予定です。

仕事で忙しいだけでなく

昨年はありがたいことに仕事は開業してから一番忙しかった年でした。

コロナ以前に作業場に篭ることとなっていたと思うのですが、新しい楽しいことをする余裕はあまりなかったように感じます。

今、やろうか迷っていることがあります。仕事と直接は関係ないことなので、若干迷いがあります。

人から勧められたとか今これが稼げるとか流行っているとかそういう理由ではなく、自分の内側からやってみたいと湧き上がっていることなのでやるべきなんじゃないかなと本能が言っています。

変な話、自分の寿命もよくわからない状況です。後でやろうのその後がある保証って全くないですよね。

自分の棚卸しをして、コンパクトに生きる部分とのびのび自由に生きる部分をバランスよく、これからの時間を楽しみたいです。

100日生きていたら、それだけですごいのかも

生きているだけですごい。そんな風に思うこともある不安定な世の中です。

私は、ささくれ立った世の中にも潤いを見つけたい。

幸せというのは自分の感受性次第だと思う今日この頃。

過去でもなく未来でもなく、今を集中して生きるということは案外大事です。

次の100日は、単純に今を生きることに集中します。

悟ったっぽいことを言って800日目を締めくくります。

ブログカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。