遊ぶように真剣に仕事するログ

【超初心者】『All-in-One WP Migration』でエクスポート&インポート【おさらい】

【超初心者】『All-in-One WP Migration』でエクスポート&インポート【おさらい】

ドメインをお引越しするには『All-in-One WP Migration』というプラグインを使うととても便利です。超初心者でも簡単にサイトのお引越しが出来ますよと、かっこよく言いたいところですが私はまたもや、つまづきました。失敗談も交えつつお伝えします。

前回までのお話はこちら

WordPressのサイトを簡単に引越す方法は2つ

Word Pressのお引越し方法は、初心者でも大丈夫な方法が2つあります。

できれば、超初心者なので途中でめげないで、簡単に確実に失敗しない方法で引っ越したいですよね。

【問題点もあり】WordPressのエクスポート・インポートを使う方法

WordPress エクスポート

移行前のWordPress管理画面左メニューの「ツール」から「エクスポート」を選びます。

WordPress エクスポートファイルをダウンロード

すべてのコンテンツにチェックを入れて、エクスポートファイルをダウンロードします。これで、HTMLファイルがダウンロードされます。

WordPress インポート

次に、移行先のWordPress管理画面左メニューの「ツール」から「インポート」を選びます。

WordPressを選んで、今すぐインストールするだけでお引越しが可能です。とてもシンプルな方法です。

ただし、ちょっとこの方法には、問題があります。前回もこの方法で引越ししたのですが、問題点がありました。

WordPressのエクスポート・インポートを使うと、記事や写真画像などのメディアはお引越しできますが、あなたが使っていたテーマやプラグインはエクスポート・インポートされません。

WordPressのエクスポート・インポートで移動できなかったもの

  • テーマ
  • プラグイン
  • 設定のタイトル
  • ユーザー名
  • パーマリンク

前回の引越しの時は、それがよくわかっていなかった私。引越しが終わったと思って自分のサイトを見たら、見たことのないサイトがそこにありました。

移行がうまくいかなかったことはわかりましたが、どうやったらやり直せるのか、時間をかけても解決できませんでした。

実は今だから言えますが、前回は移行できていなかったテーマやプラグインを手動で設定しました。「えー!嘘でしょ」そう思う人も大勢いると思います。

でも、初心者なんてそんなもんじゃないですか?え、私だけですか?本当にこういう方面のセンスがなくて困ります。

でも、超初心者だって、なんとかしてサイトを作りたいんです!

【おすすめ】プラグイン『All-in-One WP Migration』を使う方法

後から勉強して知ったもう1つの方法。プラグイン「All-in-One WP Migration」を使う方法です。これならテーマもプラグインも一緒にお引越しできますよ。

「All-in-One WP Migration」をインストールして有効化します。

「All-in-One WP Migration」をインストール

 

有効化できたら、移行前の管理画面の左メニューから「All-in-One WP Migration」の「エクスポート」を選びます。

下の緑の枠の中からファイルの保存先を選択します。今回の場合は「ファイル」を選ぶとエクスポートが開始します。

次は、移行後の管理画面の左メニューから「All-in-One WP Migration」の「インポート」を選びます。

「All-in-One WP Migration」「インポート」

これでインポートして、作業終了、お疲れ様のはずでした。

しかし、エラー発生です。アップロードサイズを超えているというアラート。30MBまでしかダメなの?確か、無料版でも512MBまでは、大丈夫なはずでは?と思っていました。

 

そこで、ファイルアップロードサイズを上げる方法のリンクの情報を見ました。

ServMaskのサポートのブログです。英語なので翻訳して表示しています。

1と2は今回スルーします。ここを理解できるようになりたいですが、ともかく早く解決したいです。締め切り前ですから。

3.ホスティングプロバイダに連絡する「あなたのホスティングプロバイダーのカスタマーサポートに連絡して、あなたのためにこれらの制限を増やすように彼らに依頼してください」とあります。

翻訳した日本語なので少しことばに違和感がありますが、要するにサーバー側の設定で、アップロードのファイルサイズに制限がかかっているために、表示されるエラーとわかりました。

ということは、サーバーの容量の設定を変えたらいいんですよね。「でも、それってどこで変更できるの??」またもや検索です。

私のサイトはXサーバーを使用しています。検索してみたら、Xサーバーのサーバーパネルから変更できることがわかりました。Xサーバーでよかった。

解決方法の4では、プラグインを使う方法も紹介されています。512MBを超える大規模サイトは、有料のプラグインを購入する必要があります。

Xサーバーのアップロードデータの最大サイズを変更する

Xサーバーログイン

Xサーバーログイン

Xサーバーにログインします。

Xサーバー PHP→php.ini設定

サーバーパネルから、PHP→php.ini設定をぶとドメイン選択画面になります。Xサーバー ドメイン選択画面

ドメイン選択画面で今回、変更したいドメインを選択してください。

 

PHPのその他の設定→post_max_sizeとupload_max_filesizeの欄を見てください。初期設定は30Mになっています。

post_max_sizeとは許可される ポストデータの最大サイズです。

upload_max_filesizeとは、許可されるアップロードデータの最大サイズです。

初期設定の30Mから512Mに数字を書き換えるだけです。簡単です。裏で何がどう作用しているか、ハッキリ言ってわかりません。

もう一度インポートを試してみます。

開始ボタンを押します。あー、ドキドキします。今度はうまくいくかな。

データを正常にインポートしました。やりました。うまく行ったみたいです。これだけで無料で使える最大値までアップロードが可能になりました。

新しいドメインでアクセスすると、お引越し後のサイトが見られます。見た目は以前と全く同じサイトですが、これは別のドメインのサイトです。このままでは、ミラーサイトとなってしまうので、この後で301リダイレクトをしないといけません。SSL化もしないといけません。

まとめ

今回、WordPressで作った旧サイトをエクスポートして、新しく取得したドメインのサイトにインポートしました。

プラグイン「All-in-One WP Migration」を使うと簡単にエクスポート・インポートが出来ます。ただし、イラストのポートフォリオサイトをやっている人には多そうですが、画像などでサイトの容量が重いとプラグインだけでは、解決出来ませんでした。

今回わたしは、Xサーバーの容量の設定を変えて対応しましたが、.htaccessファイルを更新する方法やwp-config.phpファイルを更新する方法、プラグインを使用する方法もあります。自分のスキルにあった方法で対応してください。わたしも、もう少し理解が深まったら他の方法も試してみたいです。

去年の秋に同じようなエクスポート・インポートの作業をしましたが、当時は理解できていなかったことがわかるようになっていて、小さな達成感を味わえました。

トラブルに対応する力をつけるためには、たくさんトラブルに出会う必要があります。できれば、トラブルはない方がいいのかも知れません。でもトラブルを楽しめるような人は、知る限り最強です。

たくさん転ぶと強くなれます。超初心者のみなさん、めげるな頑張れ。今日の失敗は明日への第一歩ですよ。

WordPressカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。