声が出ないときの救急車の呼び方

声が出ないときの救急車の呼び方

問題です。具合が悪くなりました。救急車を呼ぶべきか迷いました。それ以前に声が出ません。あなたならどうしますか。

声が出せない状態で救急車を呼ぶには

全く声が出せない状態で救急車を呼ぶにはどうしたらいいのでしょうか。人によって状況は違うと思いますがあり得ることですよね。

気になるので調べてみました。

自宅の場合は可能な限り固定電話から救急に電話しましょう。しゃべれなくても電話を切らなければ、固定電話からだと、発信元を逆探知して救助に向かうことができるそうです。

ただし、いたずら電話だと判断されてしまったら対応してもらえないこともあります。時々ニュースになりますよね。こればかりは時の運です。

 

具合が悪くて、携帯電話しか手近にない時は、GPS機能をオンにして通話した方がよいです。位置情報から数mから数十m範囲までは絞り込めるそうです。都会では、あまり有用ではないかもしれないです。田舎で周りに建物が少ないような場所なら探し出してもらえることもあるかもしれません。

また、登録に一週間ほどかかりますが、緊急ネット通報というサービスを東京消防庁が行なっています。

利用対象者は、東京消防庁管内(東京都のうち、稲城市及び島しょ地区を除く地域)に在住、又は在勤・在学している聴覚または言語・音声等に機能障害がある方です。事前登録が必要だし、利用対象者が決まっているので、いつでも誰でも使えませんが、対象の方は事前に登録しておくと、いざと言う時に安心ですよね。

近くにいる家族や友人に頼んで代わりに電話をしてもらうのが一番てっとり早いですが、それが無理な場合、いざと言う時のために覚えておいて損はない情報でした。

 

病院に行くか救急に電話するかで迷ったら

病院に行くのか判断がつかない場合は、消防庁の無料アプリ「Q助」が便利です。

質問に答えて行くと症状の緊急度がわかりますので、判断の参考にしてみてください。

 

WEB版Q助

アプリ版Q助

i Phone版

Android版

 

また、防災訓練で消防署の方から教えていただいたのが、『#7119』です。『#7119』に電話をするだけです。

救急車を呼ぶべきか迷った時の電話での相談窓口で、専門家からアドバイスを受けることができます。

いきなり救急に連絡するか迷ったら、こちらでワンクッション置きましょう。救急車は不足していますので、本当に必要な人が使えるように適切な利用をしないと助かる命が助からないなんてことがどこかで起こるかもしれません。

ちなみにQ助診断結果

先日休日診療所に駆け込んだ時の状況でアプリに入力してみました。診断結果は、自覚していたよりもかなりまずい状態でした。病院にかかるべきだとわかりましたが、電話で人と話せる状況ではありませんでしたので、家の近所の休日診療所に行きました。

とりあえず行けば、声が出なくても筆談なりジェスチャーなりでなんとでもなるので、歩ける状態なら病院にかかりましょう。

溶連菌に感染すると全部が全部と言う訳ではないと思うのですが、元々の持病との掛け合わせで症状が重くなることがあるので、気をつけた方がいいとわかりました。

わたしの場合は、気道が塞がる手前であと少し放置すると呼吸困難になるところでした。

休日診療所では、「今の症状で近くの大学病院の緊急外来に行っても追い返されないような悪い状態」って言われたのも納得です。思っていたよりも重い症状でした。どちらかと言うとお医者さんの方が慌てていました。

休日診療所のデメリット

夜間診療や休日診療所のルールとして、最低限の薬しか処方されないことが、デメリットの時もあります。

夜間診療所や休日診療所はあくまで、かかりつけ医にかかるまでのつなぎとして使うのが本来の使い方なので処方されるお薬は必要最低限です。休日があけたら、かかりつけのお医者様に見ていただきましょう。

抗生物質は、ある期間ある量の薬を飲み切らないと病気が治らないばかりか、耐性菌を産む原因になりかねないので、今回のように必要最低限の薬しかもらっていないときは必ず不足している分のお薬を違う病院で処方してもらう必要があります。

抗生物質を飲まないと治らないような病気の場合は、自己判断で薬を途中で飲むのをやめるのは絶対に避けましょう。

 

また、休日の夜に休日診療所を受診すると、信じられないくらい混んでいることがあります。

土日祝日の急な病気で頼りになる休日診療所ですが、平日に通院しにくい方や小さなお子さんが夜間熱を出したりする場合にみんなが頼りにしている最後の砦なので、当然ながら混雑していることが多いです。

高熱で動けないような中、普段なら徒歩5分くらいの道のりがはるか遠く感じますが、なんとかたどり着くと待合室には溢れかえる人。

ひどい時は、ここで2時間待ちとか、年末にインフルエンザにかかった時は3時間待ったことも。病院に行くだけで具合が悪くなりそうですが、明らかにいつもと違う症状だと感じたら病院に行きましょう。

少し様子を見ようと思っているうちに急激に症状が重くなる病気も時にはあります。素人判断は時として危険です。

逆に言うと、軽い風邪だったらとりあえず早めに寝て、休み明けに普通に通院した方が体も楽だと思います。

 

今現在

ペニシリンってすごい。相当楽になりました。薬のせいか、疲れのせいかわかりませんが気がつくと眠ってしまっているので何もはかどりませんが、水が飲めます。もう大丈夫かな。

しばらく、おとなしめに過ごします。

エッセイカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。