遊ぶように真剣に仕事するログ
【反面教師から贈る】イラストレーターになるには

イラストレーターになりたいけれども、フリーランスで活動することに不安がある人も多いでしょう。そもそも、どうやったらイラストレーターになれるのかわからない人も多いと思います。

大成功してもいない私が反面教師として、これからイラストレーターになりたいと思っているあなたに贈ります。反面教師にしてもらえると最速で活躍できるかも。

イラストレーターになりたいひとへ

アトリエIMA 一国一城

イラストレーターとはどんな職業なの?

イラストレーターという職業は、簡単にいうと注文を受けて、絵を描いて納品する仕事です。好き勝手に絵を描いているイメージがある方もいるかもしれないですが、仕事としての絵はちょっと違います。

世の中に流通して広く利用されるための商業的な価値のある絵を制作して納品するのがイラストレーターの仕事と言えます。

こちらの記事では、イラストレーションとは何かをまとめてみました。

そもそもイラストレーターになるには?

イラストレーターになるのは簡単です。だれでもなれる職業です。資格があるわけでも認証制度があるわけでもありません。「自分はイラストレーターだ」と思ったら、その日からあなたはイラストレーターです。

名刺に肩書を書くのも自由です。新人ほど遠慮があるので、実績がないのにイラストレーターなんて名刺に書いてもいいの?と思いがちです。

逆です!実績がないからこそ、自分から名乗らないと誰も認めてくれる人なんかいません。

自分の名前だけで何者かわかってもらえるまでは、肩書はこじつけでもいいから書かないとダメです

チャンスは降ってきません。自分からつかみに行かないと!作品を見てもらう機会を増やし、人に会ってアピールをしましょう。多少うざいぐらいでちょうどいいですw

イラストレーターに向いていると思う人

好きなことをして楽に稼げる仕事というイメージがある人には向かない仕事だと思います。

私がイラストレーターに向いていると思う人は、絵に対してバカになれる人です。

実際に絵が好きで仕事につなげられた周囲の人は、失礼な言い方になるかもしれないですが、何かしらの形で絵に対してバカみたいに夢中になっている人ばかりです。

学校や資格は必要?

イラストレーターになるのにこうしたら、必ずなれるよという道はないと思います。

効率よく学ぶにはイラストを学べるスクールや大学があります。一度体系的に学んでみることもいいと思います。グラフィックデザインを学んでおくこともいいかもしれません。

イラストレーターに特化した資格はありません。制作関連の資格は色々あります。知識を定着させるために一定期間深堀して学ぶことは、自分のためにはなると思います。

でも、学校を出た、資格がたくさんあるからと言ってイラストレーターになれるわけではありません。

一番大切なのは、情熱です。他は何もいらないと言い切れるほど、これがないとはじまらないです。

気になる年収は?

ひとことでは言えません。自分次第です。稼げる人も稼げない人もいます。

稼げるスター作家の人は、びっくりするくらいお金持ちです。でも、ほんの一握りの存在。だからスターなんですけどね。

そもそも、普通の就職活動のように年収や雇用条件で比較して選ぶような職種じゃないですよね。

新人がもらえる仕事として多そうな1点1,000円のカットの仕事があったとします。1ヶ月に何枚のカットを描けば、会社員の収入に追いつくのか。しかも、1,000円の仕事に1時間以上かかってしまったら、時給は……。いつまでも、このような仕事だとつぶれてしまいます。

単価を上げる、希少価値を上げる、作業効率を上げる、営業スキルをあげる、有名になるなど稼ぐために超えるハードルはいくつもあります。

また、会社に所属している社内イラストレーターの場合を除いて、基本的にフリーランスが多い仕事です。収入が安定している仕事とは言えませんし、一部の有名なイラストレーターの人を除いては、副業をしたり、パラレルワーカー的な働き方をしている人が大多数です。

固定の収入を得るために、専門学校や絵のスクールの講師をしたり、アルバイトをしたりしている人が周囲では多かったです。

私は、会社員として色々な制作の仕事を経験しながら、イラストの仕事をしてきました。先輩イラストレーターの方には、『サラリーマンの月収の3倍稼げるまでは、独立はしない方がいい』とアドバイスされました。結果から言うと私はがんばっても3倍には届きませんでした。

イラストの仕事を受注する、イラストだけで生活をしていくのは簡単ではありません。

若いころのアドバイスで覚えているのは『食うための仕事』と『やりたい仕事』が合致してきたら成功という話です。今でも目標です。

フリーランスになったきっかけ

これも私はかっこいいことは言えないんです。

私は、30代後半になるまでフリーランスにはなれませんでした。フリーになったきっかけも、子どもが生まれたからという流れで自然となっただけで、基本的な状況が変わったわけではありません。

もしかしたら、月収の3倍なんて言わずに、思い切って若いうちに独立するのもいいかもしれません。若いころの貧乏って勲章になりますし、やり直しもききますから。

子育てしながらの仕事

私の場合、フリーランスになったはずが、自由に使える時間は激減しました。

外に向けて活動することが自由にできなくなりました。営業に行けない、ギャラリーなどの展示活動もやれなくなりました。興味ある勉強会に限って夜にしかやっていなくてガッカリしたり。

休日出勤や海外出張が多い主人に土日子どもをみてもらうこともできません。区の預かり保育を利用して打ち合わせに行ったら、娘に急なアレルギー反応が出て呼び戻されたり。一日中、バタバタしました。

私は、フリーランスの人は現状では子どもを保育園に預けるのが難しいことを知らなかったので、娘を幼稚園に入れるまでは一日中抱っこしながら仕事をしました。

ようやく入れた幼稚園。預かり保育が充実した幼稚園を選びましたが子どもが全力で拒否したので、午後2時にはお迎えという状態が続きました。

小学校の学童保育も絶対に行くのはいやだという自由大好きな娘を持ったので、時間は思うようにならない期間が長かったです。

今までと仕事の仕方を変えていかないとうまくいかないのに、私は対応しきれませんでした。時間をつくるために睡眠時間を削らざるを得ない状況が続きました。そして、ちょっと体調を崩してしまいました。

がんばるのはいいのですが、やみくもにがんばるのはやめた方がいいです。計画的に、効果があるかチェックしながら、無駄は省いたり、戦略を練ったり。色々できることはあるはずです。

最近の営業的戦略は、自分のサイトのメディア化計画です。色々と勉強中です。

自分のサイトを構築するのは、どんなイラストレーターにとっても必須項目だと思います。

一度は短い期間でも会社員を経験しよう

個人的意見ですが、絵の学校を出てすぐにフリーにならないで、一度は会社員として働いた方がいいと思います。短期間でもかまいません。

理由は5つあります。

  1. 会社というものが理解できる
  2. 現場の知識が得られる
  3. ビジネスマナーが身に付く
  4. 仕事における人間関係が学べる
  5. 後に生きる人脈ができる

短い期間だとしても会社員として働いた経験は、何年後かわかりませんが、かならず役に立つことがあると思います。若いころ人から鍛えてもらった経験が、後で必ず活きてきます。一度は組織の中に入るべきです。

フリーランスになると決めたら、期限を決めて会社員をすることをお勧めします。期限と目標を決めて目的意識をもって、会社員生活を意義ある時間として過ごしましょう。

その点わたしは、フリーと会社員の副業生活を長くやりすぎたかもしれません。わたしのように長く会社員を続け過ぎ、初心を忘れて忙しい日々を消化することで精一杯になってしまっては本末転倒です。

行き過ぎた安全志向は自分を鈍らせます。気をつけないといけません。ベストタイミングはそれぞれ違うと思いますが、ときには思い切ることも必要です。

後に活きる職場の選び方

可能なら、自分がスキルアップできる職種を選びましょう。必ずしも制作系の会社でなくても、しっかりした目的意識があればどんな仕事でも大丈夫です。

たとえば、ファッション系のイラストレーターになりたいなら、ファッションに関わる職場で働いて得た専門知識は、後に必ず役にたつはずです。

車が好き、魚が好き、歴史が好きなど自分なりのこだわりがある人の方が、知る限り成功していると思います。

また、全くの異業種からイラストレーターになって有名になった方もいます。むしろ、人がしていない経験が多いほどチャンスがあるとも言えます。自分のマイナスをプラスに変えてやるくらいの強い気持ちがあれば、なおよいです。

若いころから、世界を見て視野をひろげましょう。絵ばかり描いていても絵の魅力は深まりません。

絵ばかり一生懸命に描いていても、全くうまくいかなかった私が保証します。私の場合人生折り返し地点で文章を書くことに出会い、以前からやってみたかったイラストルポの仕事につなげることができました。

イラストレーターの営業法

かつて営業電話をかけたり、制作実績をまとめたポートフォリオを出版社や制作会社に送るという方法が王道でした。

今は、インターネットを最大限に活用する時代です。自分のサイトを持って情報を発信しましょう。

作品の発表以外に、自分の人となりを知ってもらうこともできます。仕事で得た知識を記事にまとめると、自分でも勉強になります。さまざまな切り口から興味をもった人がサイトに訪れるようになるかもしれません。

イラストレーターは、SEO対策をした自分のメディアを持つべきです。

こちらの記事に簡単にまとめました。

失敗を恐れるひとへ

普通に就職しないという道を選ぶことに迷いがある人もいるかもしれませんね。周囲に反対されることも多いかもしれない職業です。夢見がちとバカにされることも多いかもしれません。

選んだ道ごとに、何かしらのストーリーは必ず続いていきます。

だから、こっちが失敗の道、あっちが成功の道というものは本当は存在しないと思う方がいいです。

問題なのは自分を疑ってしまい歩けなくなること。自分で選んだ道を信じて進みましょう。どの道を選んだとしても必ずハッピーエンドにすると信じる気持ちが大事です。

歩いていること自体を楽しめるようになれば、どこにでも行けると思います。

目先のことを気にしすぎない。

遠くを見る。

おおらかに働く。

竹のようにしなやかに生きる。

多少曲がっても折れない心で生きる。

本の引用ではありません。多くの挫折から学んだオリジナルの語録です。メモしてもいいですよ(笑)

夢と自分の距離感を感じたら

若くして才能が開花して活躍しているかっこいいスター的存在の人も、確かにいらっしゃいます。多くの人が憧れるのはそういうかっこいい花形のポジションだと思います。

しかし、人の成功事例に憧れて、最短距離で夢を叶えることにこだわりすぎると、うまく行かなかったときに心くじけて動けなくなることがあると思います。

注意してください。あきらめてしまったら、その日があなたの夢の終わりの日です。

絶対に叶えたい夢がある人は、常に少し遠い先を見て歩きましょう。歩けるかぎり歩きましょう。ゆっくりでも大丈夫です。進むのをやめたらいけない、這いつくばってでも進む!このぐらいの気持ちがあったら、いつかかならず夢がかないます。

私は若いころは、自分ではないかっこいい誰かになりたいとどこかで思っていました。がんばっても理想には近づけないからいつも焦っていました。

これが、成功の遠回りの元だと今なら断言できます。当たり前のことですが自分ではない誰かには絶対になれません。

あなたはあなたでいいのです。

素の自分を磨くこと。自分のよさを大事にすること。

いますでに持っている武器を最大限に活かせ。

偉そうに書きましたが、自分に向けて書いています。長いスランプの後で気がついたことです。

トライアルと失敗と挫折をたくさんして強くなる

20代から30代、とんがっていたかもしれません。少なくとも今よりは。

路上のアートイベントに毎週出没して、イラストを展示販売していた時期があります。ストリートミュージシャンみたいな感じです。本当です。

自分に全く興味がない通りすがりの人にどうにかして見ていただくことの難しさは体感しました。

そのころと今でも基本的な考えは変わっていませんが、どれだけ大きな声で「自分はここにいる!」って叫んだとしても、誰も自分に興味なんかないのが基本だと思います。

お前なんかいらないと100回でも1000回でも言われる。そこからが、勝負じゃないですか。

路上はいわば一匹狼の集団の中で、それぞれが自分の城を守っている感じがすごくよかった。道の上には戦っている人がたくさんいて、はたからみたらバカにしか見えないかもしれないけれど、みんな自分の夢に正直な人ばかりでした。

まとめ

イラストを仕事にしたかったら、夢中になりましょう。これに尽きます。

Tipsカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。