【Twitter】ツイッターカバー画像を作ったよ【iPad+Procreate】

【Twitter】ツイッターカバー画像を作ったよ【iPad+Procreate】

へっぽこイラストレーターの私も最近ようやくネジを巻き直しました。とりあえずもう出来るところからなんでもかんでもやってくという乱れ打ちスタイルでお届けする、考えてそうで何も考えてないアホな企画第一弾。Procreate(プロクリエイト)でツイッターカバーを描こうという企画です。

オリジナルのツイッターカバーを描かなきゃ

そもそもツイッターカバーとは

ツイッターカバーとは、ツイッターの上部に表示される横長の画像です。

一番目立つ画像ですし自己紹介の一部みたいなものですから、パッと見て印象に残ったり何か自己アピール出来る画像がいいですよね。スマホで見たときのことを考えたら、あまりにも絵柄が細かすぎると見にくいかも。

まずはアイデアを練りましょう。どんな画像がいいですか。あなたのPRポイントは何ですか?

ツイッターカバーのサイズ

横1500ピクセル×500ピクセルがツイッターカバーのサイズです。天地が50ピクセルづつ見切れるので大事な要素は天地の端っこには置かない方がいいです。

また、左側に丸いプロフィール画像が来るのでレイアウトには注意してくださいね。

と言いつつ、イラストに入れるサインを端っこに置きすぎて、見切れたために書き出し直したのは私です。。みなさんはご注意を。

デスクトップ版のツイッターの新レイアウトだとこんなに画像サイズ大きくなくても大丈夫そうですが、旧画像と比率は変わってない様子で、縮小された感じで表示されます。

ツイッターカバーの作り方

画像編集ソフトを使います。環境にある画像ソフトでも大丈夫です。

サイズ横1500ピクセル×500ピクセルの72dpiの画像を用意します。絵を描くのが苦手な方はこのサイズでトリミングした写真を貼るだけでもオリジナリティが出せますよね。

画像編集ソフトは今回Procreateを使いました。

Procreateを起動します。

新規キャンバスは画面の右上の+をクリックしてカスタムサイズを作成でサイズを指定します。

ツイッターカバーの場合は、幅1500px高さ500pxです。

解像度はWebなので72dpiあれば十分なのですが、もう少し高解像度で描いてから、最終的に72dpiに落とした方が鮮明な絵になります。わたしは350dpiで絵を描いてからWEB用に72dpiに画質を下げたものをツイッターに貼りました。

作画の段階で印刷を想定した画質の350dpiで絵を描いておくと後々印刷用の画像が必要になった時に、低画質の画像しかないということを回避出来ます。迷ったら最低限印刷に回せる解像度で作画を心がけると安心です。

名称設定は、あとでわかりやすいように『ツイッターカバー350dpi』などとつけておくといいですよ。

作画の具体的な仕方については、今回特に描きません。まずは、自由にのびのび描くのが一番いいと思います。

Procreateは、アナログ感のある線やタッチが楽しめます。わたしは、Procreateの様々なブラシの感覚を研究するために、普段クロッキーでは使わないブラシを使うようにして絵を描いてみました。

使って慣れるのが1番の上達の近道だと思います。

つい、フォトショップだとこうなんだよなーと頭の中で変換しながら作業してしまうのがわたしの難点です。まだ思うように使えてないですね。もっと使い込んで、Procreateを直感的に使えるようになりたいです。

おまけ Adobe Fresco(アドビフレスコ)情報

Adobe Fresco(アドビフレスコ)にいち早く触れることが出来るかも。

Adobeのprojectgemini、製品名Adobe Fresco(アドビフレスコ)のサイトはこちら。

わたしも登録していますが、連絡来るかはわかりません。選ばれしものしか使えないのかも。。

でも、1日も早く触ってみたいですよね。気になる方はぜひ。

Twitterフォローしてもらえたらうれしいです。時々、ブツブツ呟きます。

イラストカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。