【鶏がゆ版】美味しそうなイラストルポのつくり方【前編】

【鶏がゆ版】美味しそうなイラストルポのつくり方【前編】

さて。昨日作った鶏がゆですが、仮に「鶏がゆのつくり方をイラストルポにしてください」とタブロイド誌から依頼があったと仮定して、ちょっとイラストルポを作ってみました。

仮定のイラスト発注

依頼(仮定)はいつも突然やってくる

媒体:東京の某情報誌

内容:1C(モノクロ1色)で紙面の2/3のサイズ

依頼内容:夏バテ特集のワンコーナで使うイラストルポ

まずはラフスケッチ

取り急ぎ1時間後にラフを見たいという(想定)で50分描いたのがこちら。このラフスケッチの精度を上げると限りなく制作時間が減らせるはずなので、影で練習していますが、今日は恥をさらしてっと。

 

ラフスケッチ

プロクリエイトは、手書き感覚なところとデジタルの良さが融合していて利点が多いツールです。私が最近悩んでいるのが、サイズ感がつかみにくいということ。画面上で拡大して描くこともできますし、部分だけ見て描いていると、全体のメリハリがわからなくなっていることがあります。

後から拡大縮小も出来るので、ラフスケッチの間は、色々練った方がいいと思います。私はまだ一発では決められません。

このラフでいうと料理の最後の盛り付けシーンは山場なのでもっと大きく見せたいです。

もう一踏ん張りが必要ですね。。

使用ツール:プロクリエイト

ラフ所用時間:50分

薬を飲むととても眠くなって、気がつくと目をつぶっているので困ります。

illustrationカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。