遊ぶように真剣に仕事するログ

【駅スタンプ旅】JR板橋駅の新旧駅スタンプ【デザインから街を読み解く】

【駅スタンプ旅】JR板橋駅の新旧駅スタンプ【デザインから街を読み解く】

JR板橋駅の新旧スタンプに描かれているモチーフを探して、お散歩しながらスタンプのデザインを検証します。板橋散歩は歴史的なものや新しい素敵な場所も発見できてとても充実のお散歩でした。

【JR板橋駅の駅スタンプ旧デザイン】

板橋駅の旧スタンプ

スタンプに描かれている駅舎は昔の平屋だったころの板橋駅です。スタンプで見る限り、昔よくあった感じの駅舎ですよね。

 

現在では、新しい駅舎に変わり歯科、フィットネス、パン屋さんが入っている駅ビルになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿 -

近藤勇のお墓は駅ロータリを抜けて道を渡ってすぐ。小さなお墓ですが説明の看板や肖像画もあります。新撰組ファンの人が見学に来ている事が多いです。今日も通りがかったら熱心に看板を読み込んでいる人がいました。

気がつかないような街の小さな史跡も、実は大きな出来事の名残なのかも知れませんね。

【JR板橋駅の駅スタンプ新デザイン】ニリンソウ/板橋

板橋駅の新スタンプ

2020年7月8日にリニューアルされた新デザインは、漢字の「橋」をベースにニリンソウと板橋がモチーフになったデザインです。

板橋の地名の由来になった板橋があるとということなので、本物の板橋を探しに行ってみましょう。

板橋は実在した

板橋駅西口を出るとすぐに旧中山道にぶつかります。旧中山道を東に向かって、ひたすら真っ直ぐ歩いていくと30分ほどで石神井川にかかった板橋を見つけることが出来ます。

ここにかけられた橋が地名の由来にもなっている「板橋」です。板橋は中仙道の一番目の宿場でした。日本橋を出てまず最初に板橋に着くわけですね。

JR板橋駅から歩くとと結構な距離ですが、中仙道を旅した江戸時代の人々の気分を味わいながら散歩するのも楽しいです。ところどころに関連する史跡が残っています。

 

板橋

都営三田線板橋本町駅から徒歩約10分

JR板橋駅から徒歩約30分

 

ニリンソウってどんな花?

ニリンソウは桜の頃に咲く白い花で板橋区の花に指定されています。以前は雑木林などに普通に咲いていた花ですが、近年絶滅が危惧されていて保護活動が行われています。

ニリンソウが咲く季節になったら実物を探しに行って、お花の写真を撮りたいな。

板橋区でニリンソウがみられる公園はこちらです。

  • 【新高島平駅徒歩10分】都立赤塚公園
  • 【成増駅徒歩16分】赤塚植物園
  • 【上板橋駅徒歩5分】にりんそう公園
  • 【志村坂上駅徒歩5分】薬師の泉庭園
  • 【志村坂上駅徒歩5分】小豆沢公園
  • 【板橋本町徒歩5分】清水町みどりの公園

 

歩き疲れた時に板橋の癒しスポット

Kukka Puu【板橋駅近の北欧カフェ】

Kukka Puuは板橋駅東口徒歩2分。中仙道を少し入ったところにある北欧雑貨やリネンの製品も販売している素敵なカフェです。

お店の住所は北区ですが最寄り駅は板橋駅。埼京線を挟んで東西で区が違う区界エリアです。

店内の家具は北欧の有名家具で、北欧雑貨の販売もしています。

カフェではコーヒーを頼みがちなんですが、マリアージュフレールの紅茶が飲めるとあり、紅茶をいただくことにしました。香りもすごいいいし、アラビアのパラティッシのカップに入ってきた紅茶にテンションが上がります。

いい食器だなあ。オーナーさんが集めたお気に入りに囲まれてお茶を飲みます。

北欧好きなら痺れるあたたかみがあるカフェです。

入り口は少し入りにくい雰囲気がありますが、お店のオーナーさんはとても親切で、北欧に興味があるというと色々な旅のお話や家具、雑貨のお話を教えてくださいました。

買い付けの旅はいつも一人旅でも結構平気だと教えていただきました。なんとなくヨーロッパ圏は言葉の壁があるのかなと思っていましたが、看板などのインフォメーションがユニバーサルだったり、旅行者でも使えるアプリがとても使いやすくて迷うことがないんだとか。

旅の話にすごく興味がわきました。北欧旅行は昔からの夢なんです。

世界情勢が許すようになったら死ぬまでに1度は北欧ひとり旅に行ってみたいものだなあ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿 -

オーナーさん手書きの黒いレシートがとっても可愛いので、思わず写真を撮りました。こんなレシートなかなかないですよね。

板橋駅は仕事でよく行く駅で、なんとなく自分の居場所がひとつ増えたような気分。

東京は広いですけれども街のあちこちにお気に入りスポットを見つけておくと、ちょっとした心の逃げ場になるような気がします。

疲れちゃったら、ほっと一息。。素敵なお店発見できてよかったです。

Kukka Puu

住所:東京都北区滝野川6-84-8有名堂第1ビル1F

営業時間:11:30〜19:00

休業日:日月火

 

滝野川稲荷湯【映画『テルマエロマエ』ロケ地の銭湯】

KOTORI BAKEさんの近くにある立派な破風を持つオールドファッションな銭湯。こちら滝野川稲荷湯さんは、映画『テルマエロマエ』のロケで使われたこれぞ銭湯という感じの銭湯です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿 -

銭湯が開く15時少し前に偶然通り掛りましたが、常連さんらしき人が玄関の前で並んでいました。映画ロケ地であることや無形文化財だと教えてくださったのも地元の方です。

地元の自慢の銭湯なんだなと思いました。

仕事の途中だったので中には入りませんでしたが、いつか行ってみたいな。

滝野川稲荷湯

住所:東京都北区滝野川6丁目27−14

営業時間:15:00~25:15

板橋はじわじわと面白い街

板橋駅周辺の魅力

  • 中仙道を中心にして発展した古くからの宿場街
  • 意外にも3路線使えて交通便利(JR埼京線、東武東上線、都営三田線)
  • レトロなものが多く残っているので、昭和文化マニアにはツボ

板橋駅に降り立った第一印象は、正直にいうと特徴がない感じの駅だと思いました。

しかし、通い詰めるほどに面白さが滲み出て来る不思議な魅力がある駅です。

派手さはありませんが、路地を入り込むと小さな素敵がたくさんある街、板橋。

意外と住み始めると居心地がいいのはこんな普段着な街だったりします。

スタンプ一覧はこちら

JR東日本の東京エリアの駅スタンプがリニューアルしました。実際に歩きまわって集めたスタンプです。

街歩きログカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。