【モリサワ】MORISAWA PASSPORT ONEまとめ【フォント】

【モリサワ】MORISAWA PASSPORT ONEまとめ【フォント】

MORISAWA PASSPORT ONEを使っている方は、デザイナーを中心に多いかと思いますが、ライセンスについてよくわからない、Adobe CCを使っていたらモリサワが使えるんじゃないのと思っている方に向けてモリサワのフォント周りの情報をまとめてみました。

そもそもMORISAWA PASSPORT ONEとは

フォントメーカーのモリサワで開発された1000以上のフォントを1年間利用できるパスポートです。PC1台のみ使用可能で、1年間の利用料は49,800円(税抜)です。

1年後継続して利用したい場合は48,000円(税抜)が必要です。

また、個人で仕事をしている人にはMORISAWA PASSPORT ONEでも十分なのですが、複数のPCでモリサワが使いたい、スタッフが他にもいるという場合は、MORISAWA PASSPORTというライセンスもあります。

違いは、使いたいPCが複数台あるかどうかという点と契約を一年単位ではなくて、複数年に渡りできる点です。契約時に契約する台数と年数で見積もりをとって取扱店で契約する必要があるのが少し面倒ですが、デザイン事務所ならこちらの契約にすることが普通です。

MORISAWA PASSPORTは高い?

高いと感じる方もいるかも知れませんが、少し前までは個人で最終出力用のフォントを買うなんて夢のような話でした。個人としては、この価格で1000書体以上が自由に使えるなんて素晴らしいと思います。

また、時々アップデートがあり書体が追加されることもありますよ。仕事で使うなら必須とも言えるので、経費として確保しておきたいところです。

無料で使えるフリーフォントにもいい書体や面白い書体は色々あります。タイトル周りなど目立たせたいところでポイントで使う分にはいいのですが、やはりリード文などの組版には、昔から使われてきたしっかりした設計の書体が読みやすいし、スタンダードな制作環境の方が他の作業者の人と連携が取りやすいのでモリサワはおすすめです。

少し前までは、イメージセッタという印刷所の最終出力機で印刷するためには、PostScript(ポストスクリプト)フォントと言うフォントを持っていることが必要でしたが、1フォントが何十万円もしたために、全てのフォントを揃えることは個人では到底難しく、代わりに比較的値段が安くて手に入りやすいTrueType(トゥルータイプ)フォントをIllustratorでアウトライン化して入稿するということが行われていました。

印刷した後の見た目では、それほど差が出ることはないのですが、アウトライン化したデータは重かったり、あとで修正が入った時にテキストを打ち直す必要があって面倒だったり、データーの中でアウトラン化し忘れた部分があると出力の際のトラブルの元だったりと色々な問題がありました。

MORISAWA PASSPORT ONEには、古くから使われているリュウミンや新ゴと言ったメジャーなフォントが収録されているので、印刷に関わる人やデザイナーの利用者では多い印象です。デザイン事務所からの仕事を請け負う際にモリサワフォントのライセンスがあるかどうか確認されることも時々あります。

Adobe ccの利用者はモリサワフォントが一部利用可能

コンピューターで組版する前の時代は、モリサワはフォントメーカーとしては2番手のイメージでしたがAdobeと提携してからは、形勢逆転で今やもっともメジャーなフォントメーカーだと言ってもいいと思います。

Adobe CCの利用者であれば、サブスクリプションにAdobe Fonts( 旧名Typekit)が含まれるためモリサワのフォントが一部利用できます。

ではAdobe CCの利用者は、MORISAWA PASSPORT ONEはなくても大丈夫かというと、Adobe CCで使えるモリサワフォントは、数あるフォントの中の一部の書体の一部のウェイトだけなのでデザインの仕事で使うには少し物足りないと感じるはずです。

逆に仕事上の問題が特にない場合は、Adobe CCのAdobe Fontsで使えるモリサワフォントとフリーフォントでも十分だとも言えます。

WEBデザイナーならMacは「ヒラギノ」、Windowsは「メイリオ」が標準フォントですよね。印刷工程がない分、WEBデザインの方が自由にフォントが使えるイメージがあります。

Adobe CCで使えるモリサワフォント

  • A-OTF 太ミンA101 Pr6N
  • A-OTF 太ゴB101 Pr6N
  • A-OTF 中ゴシックBBB Pr6N
  • A-OTF 見出ゴMB31 Pr6N
  • A-OTF じゅん Pro
  • A-OTF 見出ミンMA31 Pr6N
  • A-OTF UD黎ミン Pr6N
  • A-OTF リュウミン Pr6N
  • A-OTF UD新ゴ Pr6N
  • A-OTF UD新丸ゴ Pr6N

結構種類があるように見えてこれでも十分なように見えますが、仕事する上では物足りないと思います。

ラインナップはメジャーなリュウミン、新ゴなどのフォントばかりですが、一部のウェイト(太さ)しか使えないことが仕事をする上では問題です。特に数名のメンバーがいてデータをやりとりする上でフォント環境が違うとデータの受け渡しで問題が起こりがちなので、注意しましょう。

一例で解説 新ゴの違い

私のイラストレーターの画面のショットです。同じ新ゴでも「A-OTF UD新ゴ Pr6N」と「A-OTF UD新ゴ Pro」「A-OTF UD新ゴNT Pro」の3種類がありますよね。横には「Tk」のマークと「O」のマークがついています。

この違いわかりますか?

「A-OTF UD新ゴ Pr6N」

フォント名の最後にNがついているものは「JIS2004字形」という字形を使っているフォントセットです。古い新ゴフォントと比べると同じ書体でも微妙に設計が違うことがあります。

横についている「Tk」のマークは、 Creative Cloud サブスクリプションに付属しているAdobe Fonts ( 旧名Typekit)のフォントだという印です。フォント名の左側に>のマークがないことからもわかるようにフォントのウェイトは1つだけです。

Adobe CCユーザーである以上使用出来ますが、MORISAWA PASSPORTのユーザーならあまり出番がないかも知れません。

「A-OTF UD新ゴ Pro」

 

「UD新ゴ」は、見やすい書体として評価の高い「新ゴ」をベースに文字の見やすさに着目したUD(ユニバーサルデザイン)書体です。フォント名の左側にある>をクリックすると6種類のウェイトが展開されて確認出来ますよね。こちらの新ゴは、MORISAWA PASSPORTのライセンスのフォントです。

「A-OTF UD新ゴNT Pro」

「UD新ゴNT」は、UD新ゴの漢字フォントに「ネオツデイ」というかな書体がセットになった書体です。「ネオツデイ」は新ゴのかなフォントに比べて柔らかい印象があります。

よく、デザイナーの間では新ゴは、同じ級数のままで組むとかなが大きく見えるから、後からかなだけ級下げしたなんていうことがありました。かな文字が同じ級数の漢字と比べると大振りに見えてバランスが悪いという欠点があったんですよね。

「ネオツデイ」は新ゴのかなよりも小ぶりに設計されているので文字を組んだ時にスッキリ見えるのがいいところです。

この書体もMORISAWA PASSPORTのライセンスのフォントですから、ウェイトが選べます。

 

ちなみにフォント名の前についている「A-OTF」とは、OpenTypeフォントということです。OpenTypeフォントはMacでもWindowsでも使用可能なフォーマットということです。

その他フォントには、New CIDフォント 、OCFフォント、True Typeフォントという様々なフォーマットがあります。それぞれには互換性がないので、区別するためについています。

フォントの太さについて

フォントのウェイトとは、書体の太さのことで、同じ名前の書体の中でも細いものから極太なものまでがセットになっていることがよくあります。モリサワの書体はHからELというように太さが違う書体が揃っていたりします。

モリサワのフォントのウェイトです。一覧にしてみました。下に行くほど太くなります。

  • EL = ExtraLight
  • L = Light
  • R = Regular
  • M = Medium
  • DB = Semibold
  • B = Bold
  • EB = ExtraBold
  • H = Heavy
  • EH = ExtraHeavy
  • U = Ultra

HはHeavy の略で太い書体です。ELはExtra lightの略で細い書体です。フォントメーカーごとに独自の表記をしていることもありますが、大体フォント名の後につくアルファベットはフォントの太さを表わしています。

例えば、「パンフレットの小見出しは新ゴのBからHに変更してください」のように同じフォントの中でウェイトの変更をすることは多々ありますので、デザインの仕事で使うならモリサワのライセンスを持っていることは必須です。

新しいPCでモリサワフォントを使うためには

PC1台につき1ライセンスが必要なので、もし新しいPCでもモリサワを使いたい場合は、古いPCのライセンスを無効にしてもう一度登録する必要があります。

移行手順

今使っているPCと新しいPCの両方に「Mフォントスターター」を作成します。モリサワのサイトから最新版がダウンロード出来ます。

今使っているPCで「Mフォントスターター」を起動します。

 

「アンインストール」をクリックします。

 

アンインストールメニュー内の「使用 PC 変更」ボタンをクリックします。

フォントの削除とライセンスの解除をします。

表示のように数分はかかりませんでしたが、少しだけ待ちます。

旧PCでの作業は完了です。最後に再起動してください。

 

旧PCでライセンスを解除した後で、新しいPCでフォントのインストールが可能になります。新PCで「インストール」をクリックしてください。

これで新しいPCでモリサワのフォントが使えるようになりました。

まとめ

モリサワのフォントは、仕事をする上での標準的な環境です。特に印刷工程を控える場合は、必須とも言えます。

フォント環境はどんどん便利になっています。以前のような物理的、予算的な制約は少なくなりました。

また、出力時のトラブルも少なくなり快適な作業環境になったと言えるのではないでしょうか。

 

デザインカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。