遊ぶように真剣に仕事するログ

【駅スタンプ旅】JR日暮里駅の新旧駅スタンプ【デザインから街を読み解く】

【駅スタンプ旅】JR日暮里駅の新旧駅スタンプ【デザインから街を読み解く】

JR日暮里駅の新旧スタンプに描かれているモチーフを探して、お散歩しながらスタンプのデザインを検証します。谷中はとにかくお寺が多い街です。だからこその街並みについてまとめました。

【JR日暮里駅の駅スタンプ旧デザイン】谷中七福神

日暮里駅の旧スタンプ

リニューアル前の駅スタンプは谷中の七福神がモチーフ。東京には地域ごとにいくつか七福神が存在しますが、谷中もその中のひとつで東京では一番古くから親しまれている七福神です。

 

【過去ログ】平成最後の谷中七福神めぐりの旅

平成31年の谷中七福神めぐりパンフ

偶然、平成最後のお正月に谷中の七福神で御朱印を集めていたので、写真とともにご紹介します。

谷中七福神めぐりは、JR田端駅をスタートしてJR上野駅まで歩く道のりです。その距離およそ6キロほど。御朱印は基本的にその場で手書きなので、混雑していると御朱印を書いていただく待ち時間もさらに必要となります。

谷中七福神一覧

谷中の七福神が祀られているお寺はこちらです。

1.[東覚寺 ]福禄寿

(徒歩18分)

2.[青雲寺]恵比須

(徒歩2分)

3.[修性院 ]布袋尊

(徒歩13分)

4.[長安寺 ]寿老人

(徒歩6分)

5.[天王寺 ]毘沙門天

(徒歩17分)

6.[護国院]大黒天

(徒歩21分)

7.[寛永寺]弁才天

1[東覚寺 ]福禄寿

[東覚寺 ]福禄寿

住所:東京都北区田端2丁目7−3

2[青雲寺]恵比須

[青雲寺]恵比須

住所:東京都荒川区西日暮里3丁目6−4

3[修性院 ]布袋尊

[修性院 ]布袋尊

住所:東京都荒川区西日暮里3丁目7−12

4[長安寺 ]寿老人

[長安寺 ]寿老人

住所:東京都台東区谷中5丁目2−22

5[天王寺 ]毘沙門天

[天王寺 ]毘沙門天

住所:東京都台東区谷中7丁目14−8

6[護国院]大黒天

[護国院]大黒天

住所:東京都台東区上野公園10−18

7[寛永寺]弁才天

[寛永寺]弁才天

住所:東京都台東区上野公園2−1

そもそも御朱印とは

御朱印集めはスタンプ集めと似ているところがありますが、お寺では納経料、神社では初穂料お支払いして拝受するものです。マナーも色々とあるので気をつけたいもの。

御朱印巡りのマナーについてまとめた記事はこちらです。

 

【JR日暮里駅の駅スタンプ新デザイン】夕やけだんだん/猫

日暮里駅の新スタンプ

2020年7月8日にリニューアルされた日暮里駅スタンプの新デザインは、漢字の「暮」をベースに谷中にある夕焼けだんだんと猫がモチーフになったデザインです。

公式の駅スタンプの他に、日暮里駅のイメージキャラクターにゃっぽりのスタンプも存在します。

スタンプだけでなく駅舎もリニューアルされていました。

谷中の街を散歩しよう

夕焼けだんだんを下りると谷中銀座

夕焼けだんだんとは、谷中の象徴的な存在の階段です。駅を出て程なく谷中ぎんざ商店街へと続く下りの階段が現れます。

 

日暮里がなぜか猫推しなのは、街に猫がたくさんいるからだと言われていますが、本当のところどんなんでしょうか。真夏の暑い日の散歩では一匹も遭遇しませんでしたが、涼しい時に谷中の猫探し再トライしたいところ。

谷中銀座に行ってみた

御朱印帳を入れている袋、谷中銀座のお店やさんで以前買ったものでしてお気に入り。手作り感あるカラフルな御朱印袋がたくさんあって迷いました。

また、買いたいなと思って同じお店に行ってみたら、和風の手作りマスクを売っていました。さすが!

こんなふうに御朱印袋に入れると御朱印帳が傷まないのでいいですよ。

ちなみに御朱印帳が2冊あるのは、お寺用と神社用で分けているからです。マナーとしてお叱りを受ける時もあるので御朱印をいただく時には気をつけたいところ。

コロナの影響なのか2020年8月の訪問時はシャッターが下りているお店もちらほら。人も夏休みにしてはまばらで、以前よく見かけた海外からの旅行者の人は全滅と言った感じ。

時々寄らせていただく器と日本茶のお店、金吉園さんでお買い物して帰ります。

お店の写真を撮りそびれましたが、最近、茶器の絵を描いているので色々と自分の目で見たくて、出かけた先では、ふらふらと寄り道してしまうからお散歩が終わらない。。。

趣味なんだか仕事なんだか、曖昧なんですが散歩は仕事としても大事なんです。

谷中圓朝まつりは幽霊がたくさん

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿 -

お寺や神社の話ついでに、谷中の全生庵というお寺について書いておきましょう。

8月11日は圓朝忌と言って、落語家の三遊亭圓朝さんの命日です。毎年8月には圓朝さんにちなんだおまつりが開催されます。というのもこちらに圓朝さんのお墓があることから。

恒例の「幽霊画展」では、約30幅の幽霊画を見ることが出来ます。こちらのお軸は、怪談話を多くネタとして持っていた圓朝さんのコレクションです。

 

まさにうだるような暑さの中、全生庵にたどり着き幽霊画のある境内に入ります。エアコンのせいなのか、はたまた絵の持つパワーなのか、ぞくっとするような涼しさに包まれます。

幽霊の絵だけの展示は、珍しいですよね。おどろおどろしい絵から一見普通の美人画風なのによく見ると体が透けているものなど、わかりやすい怖さからジワジワとくる怖い絵まで色々と見ることが出来ますよ。作者は、見ると驚くような名人ばかり。実は、すごいコレクションです。

拝観料は大人500円、小学生以下は無料です。オリジナルの幽霊絵葉書やしゃれこうべのTシャツなどのグッズもあったりして、ちょっとした観光名所のようでした。

せっかく圓朝さんの命日にお寺に来たので最後にお墓をお参りしました。お墓はこちらのような看板が立っているので、はじめて訪れても迷うことなく見つけることが出来ます。戒名が「無舌居士 むぜつこじ」というのが考えさせられます。落語家は話すのが商売ですから、不思議な戒名ですよね。

色々な落語を楽しませていただけるのも圓朝さんのおかげです。ありがとうございます。そんなお墓まいり散歩でした。

 

全生庵

日暮里は時が封じ込められたような街

日暮里の魅力

  • 時間がゆっくりと流れているような空間
  • 寺町なのでお寺がたくさんある
  • 猫にちなんだお店が多いので猫好きにはたまらん街

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿 -

世の中のスピード感にちょっとついていけてなくて、しんどいなあと思ったらおすすめの散歩道、谷中。

ずーっと変わらずにそこにあるものが多くてホッとします。昔からの寺町なのでそう簡単には街並みが変わることがない安心感。

何もない路地裏がすごい素敵だったりもします。古い建物を素敵に使っているお店も点在。写真を撮り歩くのも楽しい街です。

スタンプ一覧はこちら

JR東日本の東京エリアの駅スタンプがリニューアルしました。実際に歩きまわって集めたスタンプです。

街歩きログカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。