遊ぶように真剣に仕事するログ

【お絵かき花散歩】板橋のニリンソウを描いてみた【花イラスト】

【お絵かき花散歩】板橋のニリンソウを描いてみた【花イラスト】

ニリンソウというお花をご存知ですか?今回は板橋区の花ニリンソウの自生地を巡り観察してきました。1年でおよそ2週間しか見ることが出来ないニリンソウをイラストで解説します。

【イラストで解説】ニリンソウはこんな花

ニリンソウイラスト/あいすまみ

キンポウゲ科の多年草で板橋区の花に指定されています。

23区では準絶滅危惧種に指定されている貴重な花、ニリンソウ。

小さな白い花の名前の由来は、1株に二輪の花をつけることから来ています。

よく観察してみると、たまに三輪の花もありますが、そこはご愛嬌。

花の大きさはおよそ直径2センチ程度の小さくて可憐なお花です。

開花期は4月から5月ごろです。

2週間程度の開花時期が終わると花も葉も枯れて地表から姿を消してしまいます。

しかし、根っこはしっかり地面の中で生きていて、翌年も花を咲かせるという不思議なお花です。

 

静かに咲いているニリンソウの雰囲気を出してみたくて、普段とは違う絵の描き方を試してみました。

板橋はニリンソウの自生に最適な地形

ニリンソウ

今回ニリンソウの自生地をいくつか巡りましたが、生えている環境が似ていることに気がつきました。

その共通点とは、背後が斜面で湿地に広がるように生えていること。

気になるので調べてみたところ、板橋の地形がニリンソウの自生に適していることがわかりました。

板橋の地形は、武蔵野台地と荒川低地で成り立っています。

板橋に多く見られる台地と低地が接している崖線はニリンソウが好む環境だったんですね。

今回訪問した板橋区でニリンソウが見られる公園

  1. 板橋区立赤塚植物園【東武東上線成増駅徒歩16分】
  2. 都立赤塚公園【都営三田線新高島平駅徒歩10分】
  3. 薬師の泉庭園【都営三田線志村坂上駅徒歩5分】
  4. 小豆沢公園【都営三田線志村坂上駅徒歩5分】
  5. にりんそう公園【東武東上線上板橋駅徒歩5分】

1.板橋区立赤塚植物園

開園時間:9:00~16:30(12月は16:00閉園)

入園料:無料

休園日:12月29日~1月3日(年末年始)

交通:東武東上線下赤塚駅または成増駅下車 徒歩16分

昭和56年に開園した板橋区の植物園です。

園内には高低差があり、変化に富んだ遊歩道が整備されています。

ニリンソウ以外にも約600種の植物が栽培されていて、一年中楽しめそうです。

緑の相談室も併設されていますので、より詳しく植物について知りたい方は質問も出来るそうです。

2.都立赤塚公園

入園料:無料

休園日:常時開園

交通:地下鉄三田線高島平駅下車 徒歩10分

首都高5号線に沿って東西に伸びる広大な公園で7つの地区に分かれています。

ニリンソウが自生しているのは、公園の中の大門地区。

都立赤塚公園は都内最大級のニリンソウの自生地で、およそ200mに渡り白い花が咲き乱れます。

3.にりんそう公園

入園料:無料

休園日:常時開園

交通:東武東上線上板橋駅下車 徒歩5分

一見、住宅街によくある普通の小さな公園で一瞬不安になります。

しかし、公園の名前がにりんそう公園だけあって、ちゃんとニリンソウが咲いていました。

道路と公園の広場までは少し高低差がつけてあり、その斜面にニリンソウが植えてあります。

また、ニリンソウを解説した看板が設置してありました。

4.薬師の泉庭園

開園時間:9:00~16:30

入園料:無料

休園日:年末年始

交通:都営三田線志村坂上駅下車 徒歩5分

江戸名所図会にも載っている薬師の泉にちなんだ庭園で旧中山道を少し入った所にあります。

コンパクトな庭園ではありますが、なかなか見応えのあるお庭。

泉には鯉がいたり園内には高低差があったりと、変化ある眺めが楽しめます。

園内は丁寧に手入れされていて、休憩スペースも完備。

実は私が訪問した日は、園内のニリンソウはすでに咲き終わっていました。残念!

代わりににお庭の管理人の方から見所や付近の公園の花についてお話を伺うことが出来ました。

ぜひ来年リベンジしたい公園です。

5.板橋区立小豆沢(あずさわ)公園

入園料:無料

休園日:常時開園

交通:都営三田線志村坂上駅下車 徒歩5分

小豆沢公園は、前述の薬師の庭公園のすぐ近くにあるので、はしごすることをおすすめします。

小豆沢公園のテニスコートやランニングコースがあるメインのエリアではなく、通り沿いの崖線に張り付くようにニリンソウが咲いています。

遊歩道も完備してあって、間近でお花を楽しむことが出来ます。

ニリンソウが咲いている場所は日陰のためか、今回訪問した他の公園よりもお花が多く残っていました。

合わせて読んでね

ニリンソウが咲く板橋周辺についてのお散歩記事です。

今回取材したニリンソウを私が知ったきっかけとなった、JR板橋駅の駅スタンプのデザインについて書きました。

合わせて読んでいただけたら嬉しいです。

イラスト作例カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。