【駅スタンプ旅】JR西大井駅の新旧駅スタンプ【強力な金運向上の白蛇様がいる駅】

【駅スタンプ旅】JR西大井駅の新旧駅スタンプ【強力な金運向上の白蛇様がいる駅】

JR西大井駅の新旧スタンプに描かれているモチーフを探して、お散歩しながらスタンプのデザインを検証します。

【JR西大井駅の駅スタンプ旧デザイン】駅舎と湘南新宿ライン

西大井駅の旧スタンプ

旧タイプの駅スタンプには、駅舎や電車押しの駅スタンプがいくつかあります。

JR西大井駅のスタンプのデザインに湘南新宿ラインが採用されたのは、なぜでしょうか。

JR西大井駅は、2001年に運行開始した湘南新宿ラインの停車駅の一つです。

Wikipediaにはこうあります。

特定都区市内制度における「東京都区内」に属し、横須賀線、湘南新宿ライン、相鉄線直通では当駅が東京都区内の南限となる。

ほほう。何か特別な駅ということですね。

特定都区市内制度とは、東京や大阪などの都市部における運賃の計算上のルールです。

要するに西大井がルール適応の南限ということらしいです。都区市内発着の乗車券があれば、エリア内ならどの駅でも乗降可能なんだとか。

 

都区内エリアということで、西大井駅はJR東日本が発売している1日760円の一日乗車券「都区内パス」が使えるエリアの南端です。

私もよくお世話になっている都区内パスについては別記事にまとめています。

【JR西大井駅の駅スタンプ新デザイン】蛇窪神社/伊藤門

西大井駅の新スタンプ

2020年7月8日にリニューアルされた新デザインは、漢字の「井」の文字、蛇窪神社の白蛇と伊藤門がデザインのモチーフです。

西井大井駅で途中下車して蛇窪神社と伊藤門を実際に見てきました。

蛇窪神社とは

蛇窪神社には白蛇がいっぱい

神社の名前に蛇がつくだけあって、境内のいたるところに白蛇様がいます。

蛇は怖いイメージがありますが、白蛇は神様のお使いですから縁起のよい生き物です。

蛇窪神社は蛇だけではなく龍神さまも祀られていて、巳が辰(身が立つ)ということで立身出世のご利益がある神社なんだとか。

撫で牛ならぬ、撫で蛇や白蛇種銭、銭洗弁天などお参りが楽しくなるような見所もたくさんあります。

白蛇というと金運の神様でもありますよね。

お参りすると素晴らしい力を授けていただけそうな強力なパワースポットです。

お参り後に宝くじを買ったり、お財布を新調するとよいそうですよ。

私はちょっと勇気のいるお仕事の判断をしたい日だったので決意の意味で神様をお参りしました。

縁起のよい己巳の日(つちとみのひ)

己巳の日(つちとみのひ)は、60日に一度、つまり1年に6回しかない縁起の良い日とされています。

蛇をお祀りしている蛇窪神社では特別な日で朝から参拝の人が多く訪れる日です。

私も2021年5月21日の己巳の日(つちとみのひ)に蛇窪神社へお参りさせていただきました。

【参考】2021年今後の己巳の日はこちら

2021年5月21日(金)

2021年7月20日(火)

2021年9月18日(日)

2021年11月17日(水)

蛇窪神社の蛇のおみくじ「巳くじ」

巳のつく日にだけ引くことができる巳(み)くじは、焼き物で出来ている小さな蛇の土鈴です。

初穂料は500円です。

土鈴の裏にある赤い紐を引くと中におみくじが入っている仕組み。

ちなみに私のおみくじは中吉でした。まあまあでしょうか。

なになに。「学ぶ心を忘れずに 自分自身以外、周りは全て教えを請う対象です」とあります。

謙虚な気持ちを忘れないように励むことにしましょう。

蛇窪神社の御朱印

蛇窪神社の御朱印は数種類あります。期間限定、季節限定の御朱印と通常いただけるものに分かれます。

私は今回は蛇窪大明神の御朱印をいただくことにしました。こちらは通年拝領できる御朱印のひとつです。

初穂料は一枚300円です。

カラフルでとても華やかな御朱印ですね。普段はない「つちとみのひ」の金文字が入っているのが貴重です。

コロナの影響で最近の御朱印はどこも書き置きが主流です。

正式な方法かわかりませんが、書き置きでいただいたら御朱印帳に自分で糊付けしています。

 

紫陽花の花手水が綺麗でした

手水鉢に花を浮かべてある花手水(はなちょうず)は瑞々しく美しい仕掛け。
紫陽花が綺麗ですね。清々しい気持ちになれますよね。

これもお参りの楽しみのひとつです。

蛇窪神社の場所

蛇窪神社は鎌倉時代創建の由緒ある神社です。

場所はJR西大井駅からは徒歩でおよそ8分ほど。都営浅草線や東急大井町線の中延駅からも近いです。

もう一つのスタンプモチーフ伊藤門とは?

西大井にある2つの伊藤博文史跡

さて、お参りも済みましたので、もう一つのモチーフ伊藤門について探りましょう。

伊藤門とは、初代内閣総理大臣伊藤博文の公邸の門柱と門扉のことです。

現在は西大井駅から徒歩5分ほどのところにある伊藤学園の校門として残されています。

実は、Googleマップを元に伊藤学園の前まで行ったのですが、あの校門がそれだと気がつかずに写真を撮らず失敗です。

伊藤学園は立派な校舎なのでてっきり私立学校かと思いましたが、品川区立の小中一貫校。

学校のサイトトップに門の写真があります。歴史ある門なので学校の誇りなんでしょうね。

https://school.cts.ne.jp/itogaku/

しかし私が今回探しているスタンプの絵柄になっている門とはどうも様子が違うようです。

実はスタンプの絵柄にある門は、伊藤博文の墓地の入口の門でした。とても立派な門で、まるでお寺の入口のようです。こんな立派な個人のお墓があるんですね。

西大井駅徒歩3分ほどの場所にある『伊藤博文公墓所』はこちら

1年に1度の公開日以外は一般には非公開で門は閉じています。今回の写真は隣接する児童公園から撮影させていただきました。

 

西大井は白蛇に守られているパワースポット

西大井の魅力

  • 実はとても電車の便がいい駅
  • 神社を中心とした古い商店街の活気がある温かみのある街

街の予備知識がない状態での人生初西大井散歩。

駅前はお店もそんなになくて、正直に言ってちょっとさみしい雰囲気があります。(ごめんなさい)

 

とはいえ、西大井駅から湘南新宿ライン一本で行ける駅のメジャー感がすごい。西大井は通勤に便利な穴場なんじゃないでしょうか。

湘南新宿ライン逗子行きの停車駅

横浜→新川崎→武蔵小杉→西大井→大崎→恵比寿→渋谷→新宿→池袋

 

今回お参りした蛇窪神社の巳の日は、地域商店街を盛り上げる役目も果たしているようです。
訪問した日はコロナで自粛でしたが、スタンプラリーなどのイベントも行われてちょっとした縁日のような賑わいがあるそうです。

ちなみに神社へ向かう道すがらの商店街のモニュメントも白蛇デザインでした。

昔ながらの人情味も感じる下町感があるところが魅力だと思いました。

今まで集めたスタンプ一覧はこちら

JR東日本の東京エリアの駅スタンプがリニューアルしました。実際に歩きまわって集めたスタンプです。

お絵かき散歩カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。