遊ぶように真剣に仕事するログ

どうしてこの屋号になったのか

どうしてこの屋号になったのか

アトリエIMAにこめられた思いについて書いていきます(雑談です。暇な方向け)

ペンネーム問題

そもそも、なぜペンネームが必要かという話です。

本名のままだと、すでにご活躍されているクリエーターの方がいらっしゃったので、
恩師に相談したところ、ペンネームを使うことを勧められたという経緯があります。
慣習として、有名無名を問わず、先に名前を出したものが優先というルールがあるようです。

芸能人の方のように顔出しする機会もあまりありませんから、
よけいにお仕事上で混同されるようなことは、失礼にあたりますから避ける必要があります。

とはいえ、どんな名前にしたらいいのか

フリーのイラストレータとして駆け出しの頃、
今は亡き恩師でもあるイラストレータ-の方に
icemammyというペンネームを命名していただきました。
実績もないのに、ペンネームなど気恥ずかしさがありましたが
こうして、第一歩を踏み出したのでした。

しかしながら、どうしても恥ずかしさが拭い去れず、仕事上で
「イラストレーターの○○(本名)です」と言いがちでしたが。

開業届を出すにあたり…

開業届を出す際、屋号を決めなければなりません。
みなさん、どのように決めていらっしゃるのでしょうか。

○○商店みたいな感じだったら、簡単ですが。

考え抜いた末に「アトリエIMA」という屋号に決めました。
個人なので○○デザイン事務所とつけるような規模ではないし、
色々と取り組みたいことがあるので、解釈に幅があるアトリエを採用。

IMAの部分には、今現在のとリビング(居間)で仕事をしていること
そして、ペンネームのicemammyからエッセンスを取りました。
小さい商いですが、心を込めてお仕事して行こうという想いを詰め込んでいます。

ペンネームを語ることは、あまりなくなってしまいましたが、
恩師からいただいた大切な第二の名前ですから、
どこかに記憶を刻みたかったということもあります。

今この瞬間を生きていることに感謝を忘れないようにしたいと思います。