【動画編集】Rush-OFF!! Vol.1に参加しました【Adobe Premiere Rush】

【動画編集】Rush-OFF!! Vol.1に参加しました【Adobe Premiere Rush】

週末に動画編集アプリAdobe Premiere Rush(アドビプレミアラッシュ)の勉強会に参加してきました。会場はYahoo! JAPAN 「LODGE」です。初心者でもOKのイベントでしたが1日の講習でも動画編集は出来たのか。また、どんな感じのイベントだったのか様子をまとめてみました。

Rush-OFF!! Vol.1 概要

Adobe premiere Rush(アドビプレミアラッシュ)という動画編集アプリの勉強会に参加して来ました。記念すべき第1回目のイベントです。

初心者でも大丈夫ということで、動画編集はまるっきり初心者ながら参戦してみました。

いやー。動画で見せたいものって結構あったんですけど、思うように編集が出来なくてくじけてたんですよね。結構、簡単にくじける割には、しつこく追求するタイプなのです…。

でも、このソフトじゃなきゃダメだ。みたいなこだわりを一回置いといて、今のスキルで一番早く公開できる方法はないかなと模索していました。

そこで、初心者向けのいくつかのソフトを試していたのですが、中でもプレミアラッシュは、なかなかいい感じがしましたので、ワークショプに参加してみることにしたんです。

きっかけはオンラインで視聴できるAdobeのCC道場という番組です。ワンコーナーでRushのコーナがありイベントの告知を見たので、すぐ申し込んでみました。

この日は、Adobe Rushの使い方にはじまり、短いムービー1本を実際に作って発表しようという短時間実践型のワークショップです。短い時間に集中して成果物を仕上げるのって達成感があっていいですよね。

イベント主催は大学生!

講師は、Adobe CC道場にも出演している@kayuuumaさんです。サポートメンバーのみなさんも大学生の方々です。

色々お話させていただきましたが、イベントを仕切っていることもさることながら、情報を発信したり学校を飛び越えた活動をどんどんしている学生さん達で本当に素晴らしいなと思いました。

私の学生の頃は、まだスマホはおろか携帯さえもなかったですし、社会人1年生の頃でも、ニフティサーブという会員制の閉じたコミュニティがあったくらいで、今のように自由に情報発信している時代とはかなり環境が違うのですが、それを差し引いても年齢や国境など色々な枠組みを持つ意味は、あまりない時代なんだと思い知らされます。これ以上、化石化しないようにしないと。。

しかし、これからの若者の活躍、本当に楽しみです。

10代20代の方々のパワーや行動力からとてもいい刺激をいただいたので、がんばろうって思いました。ほんと。

イベント概要

開催日時:2019年7月28日(日)14:00〜
開催場所:千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町タワー17階
Yahoo! JAPAN 「LODGE」

タイムスケジュール

13:30-14:00 受付
14:00-15:00 Rush使い方講座
15:10-15:20 撮影に関する諸説明
15:20-17:00 撮影・編集
17:30-18:15 上映会
18:30-19:30 懇親会交流会

会場の「LOGE」を軽くご紹介

ヤフーロッジ けんさくくんとえんじんくん

会場は、Yahoo!のコワーキングスペース、「LOGE」です。一回行ってみたかったので、イベントより早めに会場に行ってコワーキングスペースも体験してみました。

入館のセキュリティはかなり厳重な感じです。身分証明書の確認もされますし、Yahoo!IDでのログインが必要です。

とはいえ、Yahoo!のゆるキャラけんさくとえんじんくんがお出迎えしてくれますので、安心してください。素敵なネーミングセンス。いいです。

 

立派なオフィスビルに心なしか気持ちも引き締まります。なんだか会社員時代を久々に思い出しました。こんな何やってるんだかわかんない私にも新宿の高層ビルのオフィスで仕事をしていた過去もあるのですよ。自分でも嘘みたいですが。

今は基本的にフリーランス最高!って思っていますが、たまにこういう環境に身を置くのもいいものですね。

イベント当日は日曜だったので、「LOGE」併設のカフェやレストランはお休みで、コワーキングスペースはイメージしていたよりも利用者は少なかったです。飲食物はも落ち込み可能なので、みんなコーヒーなど持ち込んで作業されていました。ビルの下層階には飲食店やコンビニも入っていますので、建物内で完結する環境です。

中では、電源タップまで貸し出ししていて、色々なガシェットを充電しまくりなのが気にいりました。

プログラミングの本やビジネス書も館内で読み放題です。あまり本を読んでいる人はいない感じでした。飾りって訳ではないようでしたので、私は次回行った時は、読書もいいなと思いました。

みんなそれぞれ何かに没頭している空間ってちょっといいですよね。なんとなくの気配があるのが逆に集中できる感じがしました。

そもそもAdobe premiere Rush CCって何ができるのか

Adobe Premiere Rush(プレミアラッシュ)は簡単に言うと、Adobe Premiere Pro(プレミアプロ)という画像編集ソフトの弟分です。Adobe Premiere Proは有名なソフトなのでご存知の方も多いですよね。

大きな違いは、iPhoneやiPad、MacやPCで同じソフトが使えて同期できること。

初心者には嬉しい直感で使えるインターフェイス。

ラッシュは、複数の人との作業環境の共有は出来ないので、がっつり仕事で使うならProの方がいい。

この3点が大きな違いかなと思いました。

家で軽くいじってみたときには気が付かなかった機能などを知り、印象が変わりました。プレミアラッシュは意外と色々できるソフトです。簡単に気軽に動画を編集できるソフトです。旅の思い出やイベント風景、可愛い動物など日常の風景を気軽に共有したい時に使うといいんじゃないかな。そう思いました。

スマホでも簡単な動画は作れますが、テロップを入れたりするにはキーボードはあった方が楽という意見が多かったです。

ラッシュのデータは全てクラウド上に保存されるために、途中でソフトが落ちたとしてもデータが消えるということが起こりにくいそうです。

また、外でiPhoneで撮影をして帰りの電車で軽く編集して、編集の途中の動画を自宅に帰ってから続けてiPadでするということが同じAdobeIDのものであれば特に設定などしなくても可能です。

この気軽さが結構いいなと思いました。どこでもどのツールでも同じように作業できるのっていいなあ。

とりあえず、動画編集ソフトをしっかりマスターしてから動画制作に取り組もうかな、みたいなスピード感だと結局何もやらないということになりかねませんので、とりあえずはRushで制作して、どんどん情報発信してみる方が大事かなと思いました。

動画編集に対するハードルがグッと下がるソフトです。

段々と欲が出てくると思うので、並行してpremiereProも勉強だけはして行こうと思いました。

まずはPremiere Rushの使い方の説明から!

ソフトの使い方の基本を一気に説明タイムがありました。公式のチュートリアル動画で予習していたこと以外にも色々な実際使っている人の話を聞けるのはためになります。

若干頭から溢れながらも、これから短時間でひとつムービーを作るので、真剣に説明を聞きます。

あー。本当に作れるのかな。。。そんな感じです。最初は不安ですよね。。。

2時間ほどで撮影して編集もする

iPad Proで動画編集してみました

 

2人1組になってお互いを他己紹介するムービーを作るというお題が出されました。初めましての方ばかりなので、どうインタビューしてお話を引き出すかも大事だったりします。

時間制限のある中で、お互いの撮影を済ませて、それぞれ編集をしていきます。

今回、iPhone、iPad Pro、MacBook AirそれぞれにPremiere Rushをインストールして行ったのですが、全てのインターフェイスをチェックしながら説明を聞いて、結局作業はiPad Proでやってみることにしました。

気軽さと機能を両立させるならiPad Proがいいですよね。カメラもついているので、撮影から編集までこれ1つで完結です。

音周りがいまいちという話は、ちょこちょこ聞くので、音が必要な動画を作ることがあれば、何か対策を考えてみようかな。そんな感じです。

課題の最低限の要件をクリア出来るようになんとか時間内に作り終えましたが、人に見ていただく、楽しませる要素や構成を考えるまでの余裕はなかったです。

YouTuberの方って台本とか企画書を書いたりするんだろうか。そんなことをふと思いました。

流石に行き当たりばったりで撮影という訳にもいかないですよね。気軽に再訪出来ない場所で撮影していたら、取れ高が足りないとか、撮影し忘れた場合後から困りますものね。

実際やって撮影や編集をやってみると、気になることがどんどん出てきました。

たった1分半の動画をまとめるだけでも、結構悩みました。

普段、ただ動画を見ているだけだと「楽しいな」で終わってしまいがちですが、長めの作品にまとめるのって時間も手間もかかって大変なんだろうなと感じました。

上映会でみんなの作品を見ました

ワークショップで初めて動画編集ソフトに触れたという方も結構いらしたのですが、なんと参加者全員が成果物を発表することが出来ました。

他の方が作った動画を見ると、「あれはどうやって作ったんだろう」「あの機能は何?」など色々な疑問もわき、刺激をいただけます。

私は結構作業だけであっぷあっぷだったので、時間内にまとめるに終始してしまい、単純な動画で作り込みは浅かったのですが、次に動画を編集する時の目標が出来ました。

そんな中でかっこいい動画を短時間でまとめられていた方もいて、すごいなと思いました。

この日のワークショプで作った動画は残念ながらSNSにはあげられないことになっているので、記念すべき動画第2作をYouTubeにアップしてみました。

先日行った水族館で撮影した動画を使って練習してみました。癒し系の映像なのでテロップとか邪魔だなと思い、音と映像の切り替わりのタイミングだけに気を使った感じの映像です。

iPad Proで動画編集してみました。撮影も同じくです。手元で見ると綺麗な映像なのに、YouTubeに上げると画質が悪くなるのはなんでだろう。ちょっと課題を積み残した感じですが、時々動画もいじってみたいなと思います。

注意:音が出る映像です。

 

 

忘れないうちにどんどん手を動かすのは大事ですよね。

公式Twitterにイベントの様子がわかる動画が早速アップされていました。自分もがっつり写り込んでいて恥ずかしいですが、次回参加してみたいなという方の参考まで。

懇親会交流会でわいわい

主催は大学生のみなさんということもあり、おせんべいとジュースでおしゃべりという感じのほのぼの交流会でしたが、ざっくばらんにお話出来て楽しかったです。

ワークショップの参加者の方にはAdobeがとにかく好きというユーザーの方(靴下がAdobeのロゴの柄)や、CGをやられている方、エンジニアの方、ゲーム系のお仕事されている方、いろんな方がいらっしゃいました。

それぞれ、自分のお仕事に動画を活かしたいと思っての参加だと思います。

とても、刺激的で充実した週末を過ごしました。ありがとうございました。

 

Adobe Premiere Rushステッカー

お土産でRushのステッカーとピンバッジをいただきました。

賛否両論あるようですが、私はPCにオタクなステッカー貼りたい派なので嬉しいです。早速「Ru ready?」のステッカーiPad Proのケースに貼っちゃいました。

雑談の話題では、次回のAdobe MAXとAdobe Frescoの話がやっぱり出ていましたね。近所のママ友とは出来ない話に満足です。

ああ、わたしもオタクレベルをもっと上げたいと思いました。もっと勉強しよう。知らないことだらけ。

それってきっといいことです。ワクワクするじゃないですか。

どんどん新しい技術もサービスも生まれてきますから、いつまでたってもわたしは情報を追いかけるばかりだと思うのですが、それでもいいなって思ってます。

楽しいですね。学ぶっていいことだー!!

学生時代は、学校が大嫌いで全然馴染めなかった私ですが、大人なってからこんなにも勉強漬けの日々なんて、多分昔の友達や先生が見たら、みんな驚くと思うんですよね。

今言えることは、ひとつ。こころから学びたいことと出会うことの方が重要。

 

そのタイミングはいつ来るか人によって違うのかもしれないけれども、いくつになっても勉強はじめたかったら、その日からはじめたらいいよ!って思います。

 

勉強会カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。