LivingAnywhere Commons伊豆下田地域課題解決ワーケーション【体験記1】

LivingAnywhere Commons伊豆下田地域課題解決ワーケーション【体験記1】

「場所を問わない働き方」ができるフリーランサーが伊豆下田に集まり、地域の企業から課題をヒアリングしてみんなで解決策を考える試みに参加して来ました。働きながら休暇も楽しむワーケーションを初体験。わーケーション体験の1日目についてまとめました。

LivingAnywhere Commons伊豆下田地域課題解決ワーケーション

【伊豆下田地域課題解決ワーケーション概要】

日時:2019年10月30日(水)~31日(木)+自主的に延泊で11月1日(金)の2泊3日

場所:LivingAnywhere Commons伊豆下田 NanZ VILLAGE

〒415-0021 静岡県下田市一丁目6-18 NanZ VILLAGE 伊豆急下田駅徒歩3分

レジデンススペース
〒415-0015 静岡県下田市武ガ浜3-3 伊豆急下田駅徒歩6分

今回のワーケーション体験イベントは、ランサーズの新しい働き方LABOが企画したイベントです。事前に選考があり、選ばれた方々が各地から集まって行われました。

 

LivingAnywhere Commonsとは

 

LivingAnywhere Commonsとは株式会社LIFULLが新しく始めた「自分らしくを、もっと自由に」をテーマに、ライフラインの制限を超えた新しい働き方や自由な生き方の実現を目指すプロジェクトです。

各拠点には、快適なwi-fiや電源などを完備したワークスペースと、キッチン、シャワー、宿泊ルームなど長期滞在を可能にしたレジデンススペースが用意されています。

月額25000円の会費を払うと、全国にある全ての拠点を定額でいつでも自分のタイミングで、自分のスタイルに合わせて自由に活用できます。ビジターの方は一泊6000円でお試し利用が可能です。

 

2019年11月現在のところ伊豆下田と合図磐梯山の2ヶ所とまだ拠点は少ないですが、今後、全国各地に展開する予定のサービスです。好きなところで働きながら、休暇も過ごせるなんて素敵ですよね。

新しい働き方「ワーケーション」については、詳しくは別の記事にまとめました。

ワーケーション体験ルポ

DAY 1

【11:00】 NanZ VILLAGE内「ナンズキッチン」集合

ワークショップの会場、NanZ VILLAGEは、キャンプ場のような街のシンボル的なスペースです。伊豆急下田駅からなんと徒歩3分。小さな別世界がそこにありました。

シンボル的な存在のスターシェードが印象的な広場を囲んで、お店やコワーキングスペースが並んでいます。

否が応でも何か楽しいことがはじまるワクワク感が高まります。

【11:30】 オリエンテーション・ランチ

参加者同士、自己紹介かねたオリエンをしました。様々な職業の個性的なメンバーが集まっていました。ランチを食べながら、さらに詳しい自己紹介でだんだんとメンバーの様子がわかってきます。

お昼ご飯に提供されたお弁当は、今回のワークショップでも地元企業の悩みをお話しに来てくださる株式会社クックランドさんのお弁当でした。

【13:00】 地元の方々と地域の課題解決アイディアソン

下田の地域企業や市役所の方が集合し、地域の課題を解決するアイディアソンを行いました。

駅前のシンボル的なお土産やさんのフロントの社長さん、お昼のお弁当を作って下さった株式会社クックランドさん下田市役所の方、下田市観光大使の方がそれぞれ悩みをお話下さいました。

いま聞いたばかりの問題解決策をデザイン思考を取り入れた手法で洗い出します。

デザイン思考を取り入れたアイデア出しは、短時間でも内容の濃い意見を集約できる画期的な方法だと感じました。

人の意見を否定しない。

とにかくたくさんのアイデアを出す。

まず、やってみる。

などシンプルだけれども、心に残るキーワードがありました。

 

【14:00】 実際に下田の街に出てフィールドワーク

伊豆下田市の商店街や空き家を視察しました。下田の観光大使の岡崎さんと一緒に街を歩き、下田の空き家についてのお話を伺いました。

伊豆下田に限ったことではない、空き家問題。先進的な解決策が必要だと感じました。

フジテレビの取材の方も街を一緒に街を回りました。

 

【15:00】 地域課題解決アイディアソン
フィールドワークから戻ってきたあと、アイディアソンの続きです。短時間でもどんどんアイデアを書いたポストイットが貼られていきます。
問題ごとにグループに別れてまとめた意見を発表しました。
今日会ったばかりのメンバーがはじめて訪れた街の課題について取り組むという試みは、刺激的でした。
短時間でも建設的な意見がたくさん出てきました。
2つのグループに別れてお互いのアイデアに感想や意見を言い合います。気づきも多い取り組みでした。
【19:00】 交流会
伊豆下田のおいしい魚や野菜を囲みながら、地域企業や市役所の方を交えた交流会がありました。
下田のクレソンや里芋、味の開き、野菜の天ぷらなど土地の美味しいものがこれでもかと並んでいます。
生産量が少ない下田レモンのお酒は、地元の方でもなかなか出会えない味。
私は下田レモンのモヒートをいただきました。食事とも合うすっきりとした美味しさです。
忘れてはいけないのが、下田といえばやっぱりお魚。マスター曰く角の立ってるお刺身です。
アジやキンメ、サザエなど美味しいお刺身をいただきました。とても新鮮で美味しかったです。
美味しいお料理をいただきながら、昼間に聞きそびれた地元の問題点やざっくばらんな意見など、たくさんヒアリングが出来ました。
【21:00】 自由時間 

お疲れ様で解散した後、レジデンスに戻って飲みたい人が集まって色々語り合いました。学生時代の合宿といった感じですね。私は、メンバーの中でもおそらく最高齢だったと思いますがちゃっかり混ぜてもらいました。

今日のワーケーションについてのお話だけでなく、みんなどうしてこのような働き方をしているのか個人の歴史を垣間見ました。

酔わないと話せないようなディープな話から、笑いが止まらない面白い話で盛り上がりました。

仕事の話など普段は一人で活動するのが基本のフリーランスの人間が、お互いの技を持ち寄りゆるく繋がって仕事するのは、会社員を選択肢ない働き方の1つとも言えます。

明日もワークショップがあるにも関わらず深夜2時過ぎまで、宴は続きました。

 

ワーケーションの2日目についてはこちらの記事にまとめました

働き方カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。