遊ぶように真剣に仕事するログ

LivingAnywhere Commons伊豆下田地域課題解決ワーケーション【体験記2】

LivingAnywhere Commons伊豆下田地域課題解決ワーケーション【体験記2】

「場所を問わない働き方」ができるフリーランサーが伊豆下田に集まり、地域の企業から課題をヒアリングしてみんなで解決策を考える試みに参加して来ました。働きながら休暇も楽しむワーケーションを初体験。 ワーケーション体験の2日目についてまとめました。

LivingAnywhere Commons伊豆下田地域課題解決ワーケーション

【伊豆下田地域課題解決ワーケーション概要】

日時:2019年10月30日(水)~31日(木)+自主的に延泊で11月1日(金)の2泊3日

場所:LivingAnywhere Commons伊豆下田 NanZ VILLAGE

〒415-0021 静岡県下田市一丁目6-18 NanZ VILLAGE 伊豆急下田駅徒歩3分

レジデンススペース
〒415-0015 静岡県下田市武ガ浜3-3 伊豆急下田駅徒歩6分

ランサーズ新しい働き方LABOが企画したワーケーション体験のDAY1の記録はこちらにまとめました。

 

DAY 2

【09:30】 地域課題解決ワークショップ
1日目のディスカッションをふまえたワークショップです。前日に地元の企業や行政の方から出たお困りごとを振り返りまとめて共有します。
そのあと、自分の持っているスキルで誰に対してどんな問題解決策を提案するか考えました。
似ていたり、まとめられる提案はグループで考えることになりました。
数名は、単独の案で提案することになったので、合計5つの提案をすることになりました。
私は個人の提案とグループの提案の両方に参加することになりました
グループ提案は、市役所に向けて下田の移住体験ツアーの提案をすることになりました。
【12:00】 グループでランチ
ここでグループに別れてランチの時間です。
近くの「よろずカフェらくら」さんという紅茶が美味しいカフェでディスカッションしました。
お店の方から、地元の祭りや美味しい魚、地酒についてのお話を色々と伺うことが出来、アイデアを出すヒントになりました。
【13:00】 地域課題解決ワークショップ 後半
午前中のワークショップの続きです。NanZ VILLAGE に戻り先ほどカフェで集めたネタやたくさん出た提案をまとめて、プレゼンするためにまとめます。
付箋にとにかく書き出しながら、同時進行でパワーポイントで手早くまとめます。仕事が早いメンバーが集まると最強だなと思いました。
【14:45】 プレゼンテーション
いよいよ、プレゼンタイムです。
短時間でもこんなに建設的なことができるのかと自分たちでやっていることに驚きもありつつ、地元企業や行政の方の前でのプレゼンです。
しかも、実際に受注や実現化を目指した真剣なプレゼンなので、緊張しますがその感覚を楽しむのも心地よかったです。
グループ提案に対するコメントは、「もう少し尖った方がいい」という嬉しいものでした。自由にやれと背中を押す暖かいダメ出しだと私は思いました。
確かに土地の者ではない私たちが提案する意義を意識した方が面白いアイデアが生まれるはずです。
短い時間の中で案をまとめることに気を取られてしまったかもしれません。反省点です。
また、個人提案は昨日のワークショップでいらした地元の企業クックランドさんへのご提案をさせていただきました。
【15:30】 最後のまとめ
各自、今日発表した提案を今後どのようにするのか宣言をしてプログラムを閉めることとなりました。
私は個人でパッケージデザインについてご提案しました。
実は、時間の制約上コンセプト案のみのご提案となったので、企画書とデザイン案をまとめて後日お見せすることを宣言しました。
実は、その後プレゼンをしたクックランド様とのご縁があり、お仕事をご依頼いただいたり、地元のメディアの取材を受けたりと、自分でも驚くようなことが次々と起こりました。行動することの大切さを学ぶことができました。
クックランドさまメニューイラスト|あいすまみ

最後にワーケーション参加に関するアンケートに答えてイベント終了となりました。
解散後の居残りキャンプ
私は、もう少し街を見たいと思ったので延泊して、一人合宿がはじまります。1階のリビングスペースは、みんながいなくなってガランとしていて少しだけ寂しいです。
翌日も引き続き下田の街を取材することにしました。
また、レジデンスに私が戻るところを撮影したいという依頼を受けて、地元のテレビ静岡のカメラマンさんとレジデンスに向かいました。
メンバー全員、二日間のプログラムの間にそれぞれインタビューに答えています。
私は、人前に出るのは本当は大の苦手なのですが、下田を盛り上げたり、ワーケーションやお世話になっているNanZ VILLAGEのレジデンスが世に広まるといいなと思い頑張ってインタビューにお答えしました。
相当、しどろもどろでした。静岡のテレビでよかったと正直に言うと思います。

取材のテレビ静岡のカメラマンさんも地元の方で、どうしてこの仕事をしているのか逆インタビューしてみました。色々な仕事人の歴史って聞くと本当に面白いですよね。

肝心の放映日や番組名は聞きそびれました。。。後日無事放送されました。

取材も終わり、ぶらぶらして下田の街をじっくりと味わってみることにしました。空に広がるのは、見たこともないような綺麗な夕焼け。

 

今回のワーケーションでは、下田で感じたことや、ワーケーションについて感じたことを記事にしてまとめることになっていました。私もまだ勉強中のライターですが、記事作成に挑戦してみました。

 

 

 

 

これからの新しい一歩を踏み出したい誰かの役にたつといいなと思い書きました。

それから、下田でお会いした熱くて素敵な人々の想いがたくさんの人にも伝わるといいなと思います。

下田ワーケーションまとめ

今回のプログラムに参加したかった理由がいくつかあります。

ワーケーションに興味があったものの、昨年はいくつかの案が流れてしまったこと。

そもそも地方創生や街づくりに興味があること。

全くの真っ白な環境に身を置いてみたかったということ。

自由な時間が欲しい。3日でいいから色々な看板を下ろしたいから。

 

今回のプログラムは、スケジュールが奇跡的にマッチングしたので速攻で申し込み、選考のオンラインミーティングでは、どうしても選んで欲しくて熱く志望動機を語りました。

 

参加してみて学んだことは

  • 自分のしたいことが明確になったということ
  • 仕事とは?という哲学的な考えが深まった
  • 大人がかっこよく、しかも楽しそうに生きることの意義を痛感した

こんなところです。

今回の素晴らしい旅のきっかけになった『新しい働き方LAB』のサイトはこちらです。新しい働き方を探しているフリーランスの方にはぜひチェックしていただきたいサイトです。

プログラムに参加したメンバーはじめ、新しい働き方LABを立ち上げたランサーズのメンバーの方とも共に時間を共有することが出来ました。ランサーズは熱い志で集まっている人々が運営している組織です。

 

働き方実験カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。