【サンシャインプラネタリウム満天】Tokyo Midnight Groove【レビュー】

【サンシャインプラネタリウム満天】Tokyo Midnight Groove【レビュー】

サンシャインプラネタリウム満天の新番組『Tokyo Midnight Groove』のレビューです。東京の味気ない夜空も実は素敵。そんな新しい発見がありました。真面目に星について学ぶと言うよりは、リラックスして夜の世界を楽しむ。そんなプログラムです。

Tokyo Midnight Grooveは深夜の東京ドライブみたいなプログラム

【上映時間】40分

【料金】

  • 一般シート 大人(中学生以上) 1,500円/人 こども(4歳以上) 900円/人
  • 芝シート  一律(小学生以上2名様まで) 3,500円/シート
  • 雲シート  一律(小学生以上2名様まで) 3,800円/シート

残念ながら東京の空を見上げても星が見えることってあまりありませんよね。星よりも街明かりの方が美しかったりする東京の夜空。『Tokyo Midnight Groove』は、まるで夜の東京の街をドライブしているような疾走感あるクールなプログラムです。

東京の夜空にも星があるんだと思い出させてくれます。そう、星空って本当は目立つ一等星だけじゃないんですよね。

しかしながら、今までプラネタリウムは星を見るところとだと思っていましたが、このプログラムはプラネタリウム番組としては異例で、星の出番がそんなにないのです。ある意味リアルな東京の夜空とも言えます。

星は一見見えなくても、単純に真っ暗なだけではない東京の夜を堪能できる、そんな映像です。都会には都会のよさがありますよね。

 

こんな人におすすめのプログラム

音楽を聴きながら美しい映像を堪能したい方

デートスポットにお困りの方

教育的なプラネタリウムプログラムだと眠くなるという方

東京の魅力を再発見したい方

東京の人混みや騒音、溢れかえる情報に少しだけ疲れたとき、お手軽にホッとできる都会のオアシスは色々ありますが、プラネタリウムは短時間で気分を変えてくれる魔法スポット。

心がささくれだっている時、考え事で頭がパンパンになっちゃった時、なんだかガックリ元気が出ない時にもおすすめです。

壮大な景色に包まれてみましょう。40分間の映像の旅が終わったら、きっと新しい自分に出会えるはず。

コニカミノルタ満天のプラネタリウムは音がクリア

コニカミノルタのプラネタリウムは、音楽とともに楽しむコンテンツが多いのですが、公共のプラネタリウムにはないのが音の良さです。音楽と映像に包み込まれる感覚を味わうことができますよ。

映画館も今はとても音にこだわる劇場が多いですが、プラネタリウムも教育的な役割だけでなくエンタメとして成立しているなと感じます。

お堅いプラネタリウムだと眠くなる方も退屈しないで楽しめると思います。

あ、でも雲シートや芝生シートは要注意。寝る確率大です。心地良すぎるから要注意ですね。

 

雲シートと芝シートのチケットはオンライン購入がおすすめ

チケットはあらかじめオンラインで購入も出来ます。鑑賞当日を含めて15日分のチケットが購入可能なので、あらかじめお出かけの日が決まっている場合は、オンライン購入しておくと、チケット購入のために並ばずにすむのでスムーズです。

当日窓口でチケットを購入する場合は、プラネタリウムの入り口近くにある満天”チケットカウンターで初回上映時間の1時間前から購入可能です。

ただし、雲シートと芝シートという寝転がってプラネタリウムを観覧出来る特別シートは、事前購入した方が確実です。

雲シートは5席、芝シートは3席と数も少なく人気者あるため、どうしてもチケットを手に入れたいという人は、事前にオンライン購入をお勧めします。当日窓口でチケットを買おうとしてもほぼ売り切れのことが多いので注意です。

週末はエレベーターが混雑

週末は隣接のサンシャイン水族館へ向かう人もたくさんいて、屋上階に上がるエレベーターは行列します。当日券を買いたい方は、少し時間に余裕を持ってお出かけしましょう。

 

『Tokyo Midnight Groove』紹介ページ 公式

 

【あわせて読みたい】

お得にコニカミノルタプラネタリウム満点のプラネタリウムを楽しむには?

 

【池袋】コニカミノルタプラネタリウム満天【お得な割引術】

プラネタリウムカテゴリの最新記事