【お台場穴場】宇宙を感じるメニューもあり『Miraikan Kitchen & Cafe』【景色最高】

【お台場穴場】宇宙を感じるメニューもあり『Miraikan Kitchen & Cafe』【景色最高】

お台場にある日本科学未来館内のカフェとレストランについてまとめました。インスタ映えする理系メニュー?もありのレストランは、お台場の景色も堪能できる隠れた穴場でした。

日本科学未来館のカフェとレストラン

7階『Miraikan Kitchen』で青の地球を食べる?

青い肉まんって食べ物としてアリですか?

食べ物が青いと本能的に危険を感じてしまいますが、好奇心が勝るのもまた人間らしいところ。やっぱりこれは食べとかないとね、ネタとしても。

見た目は、「食べないでー!」と主張しているようですが。さて、実食です!

 

?? ふむ。

食べてみると普通です。目をつぶっていたら、気がつかないかも。

確かに青い味ってものは存在しないのですから、当たり前何ですけれども、脳みそがだまされた感じがします。イメージとしては、ラムネみたいな爽やか系の味を口が待ち受けているところに、ほかほか肉まんですから。一瞬、あれっと不思議な感じになります。

でも、テーマ性があって面白いメニューですよね。普通に美味しい肉まんでしたが色を工夫すると付加価値がアップしますね。青の地球肉まんは280円です。

お出汁がついてくる定食

日本科学未来館は海外からの旅行者の方が増えている気がします。チケットブースはいつも色々な言語が飛び交っています。

そんな海外ゲストが多めの施設のレストラン。

定食メニューについてくるのは、スープではなくお出汁なんです。

鳥の竜田丼(お出汁付き)720円をいただきました。

お出汁は、鶏だし、昆布だし、カツオだしの中から好きな1種類を選ぶことができます。私は鶏だしをいただきました。さっぱりとして美味しいかったです。竜田揚もサクサクして美味しかったですよ。量は少なめかな。女性ならちょうどいい感じです。

 

トレーに引いてある紙にも英語と日本語表記の出汁についての説明が印刷されています。出汁は日本の食文化の1つですから、こうしてPRするのはいいことですよね。

5階『Miraikan Cafe』は

ホットドッグやコーヒーなどの軽食がメインのカフェです。ソフトクリームも人気のようです。

私は、杏仁ミルクをいただきました。450円です。

味は杏仁豆腐で星型のナタデココなのかな?歯ごたえのあるキラキラが乗っています。こちらも青いデザートです。

カフェとレストランはチケットなしで入れる

『Miraikan Kitchen』は、科学未来館の7階にあるレストラン、『Miraikan Cafe』は、科学未来館の5階にあるカフェです。

『Miraikan Kitchen』と『Miraikan Cafe』は、科学未来館の展示チケットがなくても入れます。

ちょっとわかりにくいので補足説明すると、科学館の建物には誰でも入ることが出来るエリアとチケットが必要なエリアに別れています。

常設展や企画展、プラネタリウムはそれぞれチケットを購入する必要があります。

併設のレストランやカフェ、ショップはチケットが必要ないエリアにあるので、実は誰でも気軽に立ち寄ることが可能です。建物の外観からはわかりにくいので、知らない方も多いかも。

レストランは眺めがいい

レストランは眺望が素晴らしいので、休憩のためだけに立ち寄るのもおすすめです。

お台場の景色が一望出来ますよ。ドン曇りの日でもこの眺望です。もし、快晴だったらもきっともっと気持ちがいいはず。

東京タワーにレインボーブリッジ、フジテレビのビルに観覧車。これぞお台場的な絵葉書のような景色が楽しめます。

お店の外のデッキは展望デッキで外にも出られます。旅行者のみなさんは、お台場の景色を背景に記念撮影を楽しんでいました。

レストランは平日は混んでいないので、お台場の隠れた穴場ですよ。視界がひらけていてとても気持ちがいいです。

窓辺の席も気持ちがいいですし、広いソファー席もあります。たまには、のんびりしませんか?

『Miraikan Kitchen』 『Miraikan Cafe』

営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー16:45)

休業日:毎週火曜日 (科学館の休館日はおやすみ)

星グルメカテゴリの最新記事