【ビクセン】七夕天体観測会 浴衣で東京の星を見てきた【紀尾井テラス】

【ビクセン】七夕天体観測会 浴衣で東京の星を見てきた【紀尾井テラス】

紀尾井テラスの『KIOI STARS 星空の集い。~伝統的七夕、浴衣で夏の星空を見よう~』というイベントに参加しました。旧暦の七夕の夜、浴衣で都会の星空を見てきました。

KIOI STARS 星空の集い〜伝統的七夕、浴衣で夏の星空を見よう〜

あれ?七夕って7月7日じゃないの?そう思う方も多いですよね。実は今日、2019年8月7日は旧暦の七夕の日でした。

伝統的なお祭りや天文イベントは旧暦で行われることが多いです。東京だと阿佐ヶ谷の七夕祭りは、ちょうど今日まで。

ちなみに毎年旧暦の七夕の日は毎年変動します。今年の旧暦の七夕は、7月7日のちょうど一ヶ月後で覚えやすいですが来年の旧暦の七夕は8月25日というように毎年変わるので注意です。

旧暦の七夕にちなんで、紀尾井テラスで浴衣で天体観測をしようというイベントがあったので参加して来ました。

短い夏、浴衣で出かけられるイベントは貴重です。今夜はどんな星が見られるかな。

イベント概要

日時:8月7日(水)18:00~21:00
会場:紀尾井テラス3F 空の広場
東京メトロ「永田町駅」 9a出口直結
東京メトロ「赤坂見附駅」D出口から徒歩1分
参加:無料

浴衣で参加するとプレゼントあり

浴衣でイベントに参加した方には、ラムネのプレゼントがありました。ちょっとうれしい。夏祭りっぽくていいですよね。今時のラムネは瓶ではないのが若干残念でしたが、やはり夏の様式美ですから。

星空解説員さんから今日の星空の解説

ビクセン星空アドバイザーの方から、今日の星空の解説がありました。解説付きで星を観ると面白さが増します。天文観測会の参加をきっかけに星が好きになったりしますよ。

時間によって移動する星を3回に分けて解説していただけました。

1回目の解説の時は織姫星のこと座のベガは、はっきり見えましたが、彦星さんはまだ見えません。

最初は見えなかった通称彦星のわし座のアルタイルが2回目の解説の時には見えるようになり、はくちょう座のデネブと合わせて夏の大三角が完成。

本当ならここに天の川が流れているはずなんですが、流石に東京の夜空では、天の川銀河の繊細な光はかき消されてしまいます。

少し、郊外や田舎の方に行くと天の川が見えるかも。夏の大三角を目印に探して見るといいですよ。

 

また、この日は木星とその衛星が4つ一直線に並ぶように見えました。肉眼ではとても無理ですが、望遠鏡があると木星の周りを回る衛星や木星の縞々まで見ることが出来ます。

なかなか出来ない体験ですよね。この日望遠鏡を使って見ることが出来た木星の衛星は4つでしたが、実は木星には衛星が79個もあるんだとか。宇宙の果てしなさを感じることが出来ました。

ビクセンの望遠鏡や双眼鏡を試せる

綺麗な星空を楽しみたいですが、高額な望遠鏡はなかなか手が出せませんよね。そんな時は、天文観測イベントに出向きましょう。

星空を気軽に楽しむチャンスです。大体星を解説してくださる方もいるので、感動が増すこと請け合いです。

今回のイベントにあったビクセンの望遠鏡

天体望遠鏡:SXD2-PFL-ED115S、AP-SD81S・SM、ポルタII A80Mf、APZ-R130Sf
対空双眼鏡:HF2-BT-ED70S-A
双眼鏡:フォレスタII HR8×42WP、アトレックII HR8×32WP、アスコット ZR8×42WP(W) +ビノホルダーH+三脚

三日月はクレーター観察に最適

この日は満月ではなく、三日月の日。一瞬がっかりしそうですが、光の加減から言うとクレーターを観察するには三日月の月の方が、立体感のあるクレーターを観察できるので、おすすめです。

月は地球にもっとも近いですから、高性能の望遠鏡で眺めると、掴めそうな感じさえします。

「ああ、なんて綺麗なんだろう」

ほんと、言葉が出ませせん。肉眼でしか月を見たことのない方は一度、高性能の望遠鏡でのぞいて見てください。月にはクレーターがあると知識で知っていたとしても、この目で実際に見てみると、驚きと感動があるものです。

奇しくも人類が月に到達してから50年という節目の年。月に降り立つ偉業を成し遂げた人々に思いを馳せるもよし。

星関連の限定ショップあり

キッチンカーや宇宙グッズのショップが出店していました。
漫画「宇宙兄弟」の公式グッズショップや月や星などの宇宙モチーフの雑貨ショップがあって、天体観測以外のお楽しみもあります。

また人工芝が引いてあるゴロゴロ出来るエリアや、座って楽しめるベンチも用意してありますので、ビール片手に星を眺めるのもいいものです。

KIOI STARS 星空の集い感想

郊外での天体観測会は結構ありますが、行くのにはハードルがある方も多いと思います。

都会の真ん中では空が明るいこともあり、天体観測には最適とは言えませんが、それでも惑星レベルの大きな星は、望遠鏡を使うとしっかりと見ることが可能です。

肉眼では、他の小さな星と変わらない点だと思っていたような星が実は、惑星のひとつで望遠鏡でディティールまでしっかりと見えるとなんだか愛着が湧いたりします。

今回は、伝統的七夕の日に浴衣で星を見ると言うなんとも粋な企画でした。気軽に楽しめる都会の天体観測会もよいものです。

イベントのサイトはこちらから

天体観測会カテゴリの最新記事