遊ぶように真剣に仕事するログ

【Today at Apple】セッションに参加してみた

【Today at Apple】セッションに参加してみた

Appleストアで毎日開催されているToday at Appleってご存知ですか?無料で気軽に参加できて、Apple製品の楽しさを味わえる楽しい体験型のイベントです。わたしも、通りがかりにふらりと立ち寄って時々参加しています。

Today at Appleとは

Today at Appleとは、Appleストアで毎日開催されている体験型のセッション(集会・集まり)です

Today at Appleのページをチェックすると、今日行われているセッションがわかります。

Today at Appleのセッション7つのジャンル

もしPCは苦手、iPhoneを買ったけどただの電話として使っている、クリエィティブな仕事をしていないのに参加していいの?なんて思ってしまう方がいたら、「そんなの全然関係ないよ」と言いたいです。

Today at Appleは誰でも気軽に参加できますよ。ジャンルもクリエィティブ系から街に出て体を動かすものまで様々な方向性の7つのジャンルが用意してあるので、1つくらいは自分に合いそうなものがありませんか?

Today at Appleの7つのジャンル

  • 写真(写真の撮り方など)
  • ビデオ(iMovieの使い方、Clipsの活用法など)
  • 音楽(GarageBandの使い方など)
  • コーディング&アプリケーション(Swift Playgroundなど)
  • アート&デザイン(プロクリエイトでスケッチなど)
  • ヘルス&フィットネス(Applewatchの活用法など)
  • プロダクト(製品を初めて使う人向けのセッション)

Today at Apple参加のメリット

誰でも気軽に参加できる

アップルストアは、時々顔を出しています。セッションは30分くらいの短い時間のものからありますし、当日空きがあれば、その場で参加も出来ます。途中で抜けても大丈夫なので、気軽に参加してみてください。全く知識ゼロでも暖かく迎えてもらえますよ。

参加費無料

参加費は無料です。もうすでにノーリスクでしょ。短時間で入門的な内容ですが、何か新しいことに興味を持つきっかけ作りになるところがいいと思います。

気持ちが上がる 元気になる

Apple特有の文化にちょっと触れると元気になります。新商品の発売時のハイタッチは有名です。馴染めない、違和感があるという声があることは知っていますが、アホみたいに見えても楽しいからいいやって思います。

セッションの始まりにもにおきまりの文句がありますよ。

世界共通の「Welcome toToday at Apple!!」と言う掛け声と拍手と共にセッションがはじまります。なんかいいんですよ。これ。慣れるまで気恥ずかしいんですが、だんだん気持ちよくなってくるのはなぜでしょう。

興味の幅を広げられる

物事の触りの部分にしか触れられませんが、何か新しいことに興味を持つきっかけにはなります。

最近セッション内容が新しくなったそうです。

ストアの外に出かけていくセッションが増えていました。iPadを持って街でスケッチしたり、ヘルスケアというアプリを活用して、街を歩くセッションなど、Apple製品の楽しみ方を教えてくれるセッションでいっぱいです。

子どもやお孫さんとの話題作りに

先日参加した、Swiftplaygroundでロボットプログラミングするセッションでご一緒した方は、お孫さんがいるシニアの方でした。週末だと子どもで満席になるセッションですが、平日の昼間にこっそり勉強しに行って子どもに負けないようにネタを仕込むのもありです。

Appleサマーキャンプ

夏休みには、Appleサマーキャンプがおすすめです。8~12歳の子供が参加できる1回90分のセッション×3日間のワークショップです。

なんとAppleオリジナルのTシャツもユニフォームとしてプレゼントされます。動画を撮影編集してミニムービーを作ったり、Swift PlaygroundでロボットのSphero(スフィロ)をプログラミングしたりします。毎年内容は変わっていますので、チェックしてみてください。人気があるので予約は早い方がいいですよ。

【まとめ】Today at Apple

Apple製品を買う前にじっくりと使ってみてから決めることができます。また、なんとなく購入したけれどもあまり使っていないという方は、新しい楽しみを見つける場でもあります。

初心者で何もわからなくても、ようこそと受け入れてくれる暖かい文化があります。

売らないで製品のファンを作る広報活動の成功例だと思います。ビジネス的視点でも参考になる活動です。

学びログカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。