【報告】サイト公開300日目の反省と今後の目標

【報告】サイト公開300日目の反省と今後の目標

アトリエIMAのサイトリニューアルをしてから、本日2019年8月30日でちょうど300日が経過しました。この記事を入れて書いた記事は271記事。下書き記事は129記事。他のサイトに書いた記事はザックリ数えて50記事です。現時点での反省と次の100日に向けての目標などを書き記します。

先にお断りしますが、長い記事です。

ブログをはじめて300日のリアルな状況をつらつら書いた記事です。

もしよかったら、読んでください。

サイトリニューアル300日の記録

300日で書いた記事数〜まずは質より量

個人サイト用に書いた記事 271記事

下書き記事 129記事

仕事で書いた記事 50記事

合計450記事 1日平均1.5記事

この記事を入れて自分の個人サイト用に書いた記事は271記事です。未だ公開出来ていない下書き記事は129記事あります。初期の記事は記事とは言えない状態のものですが、一応カウントしておきます。

公開記事に対して、未公開記事が結構多いですよね。厳密に言うと未公開記事はないのと同じですが自分的にはまだゴミ箱に入れていないので、数に入れときます。いずれ公開したいと思っています。

仕事などで他のサイトに書かせていただいたり、個人サイト以外に作ったアフィリエイトサイトの記事はザックリ数えて現在50記事ほどです。クォリティが満たなくてゴミ箱行きの記事もたくさん書きました。

ザックリ言うと1日に1.5記事書いている計算になります。確かに実際そんな感じです。調子がいいと2記事以上公開したり、全然書けない日があったりでムラがありました。

まずは質よりも量というアドバイスを受けて、ともかく何でもかんでも記事を書いてみました。

記事を書くことで何か役にたてるようになりたい

個人ブログは公開覚書きみたいだなと思う時があります。

大事なことでも時間が経つと忘れてしまったりしますが、ブログに書いておけば時々見返すことが出来るのがいいところです。今は個人的な覚書きみたいな物ですが、段々と人の役にたつサイトに成長させられたらなと思うようになりました。

と言うのも、自分で知らないことをたくさんの記事に教えてもらった経験をしたからです。一人が経験出来ることには限りがありますが、それぞれが自分の得意分野や興味のあることについてブログを持っていたら、とてつもない知恵の集大成になりますよね。素敵なことだと思います。

ブログの方向性について

私のサイトは、イラストのポートフォリオサイトから派生して、結果的にパラレルワーカーのパラレルサイトになっているのが現状です。

書きたいことを自由に書いていたら、だんだんと迷走しはじめたので途中から内容ごとにサブディレクトリ化しました。まだ実験的な感じですが、とりあえず今の記事の量と質ではなんとも言えないので、様子をみながら継続したいと思います。

だから、現状はサイトのキャッチコピーの「世の中のわかりにくいをイラストの力でわかりやすく」から方向性ずれまくりですが、サイト立ち上げ時の頭で考えただけのコンセプトの弱さと実際に行動を起こしたことの強さを感じます。

でも、まだキャッチコピーは変えません。今後の行動の指針にしたいので、今の成長過程のヌルさはちょっとだけ見逃してくださいね。。。

方向性はこれからも模索します。足りないことは少しづつでも補って、時間をかけてでも成長させたいなと思います。

下書きがたくさんある理由

これだけの記事が下書きになっている理由はいくつかあります。

まず、ネタを思いついた時点でタイトルと大まかな構成だけは書いて下書き保存しているため。

これから参加予定のイベントレビュー記事は、事前に調べられることは下書きしておくため。

すでに経験したことを記事に書くときは、足りない情報を補ってから公開したい。でも時間が取れないとそのまま保留に。

書いたものの、あまりにひどい出来だったためリライトしないとという記事。

多分、完璧でなくてもとにかく一秒でも早くパブリッシュするのがプロなのだと思いますが、その点私のサイトは、まだまだ趣味ブログなんだと思うところです。

サイトの広告について

今思えばGoogleアドセンスは、すんなり審査を通った方だったと思います。それは的確なアドバイスをいただいたおかげなのですが、後になってから、なかなかアドセンスが通らないと言う方の話を聞いたりすると、通知が来た時もっと喜べばよかったなと思いました。

本当にバカみたいなんですが、何も知らなすぎて審査通過の通知が来た時にスパムメールじゃないかと思って人に確認したと言う次第です。

 

そこまで何も知らない私でもやらないよりはやった方がマシというのか、ほんの少しづつですが収入になりはじめました。それでも気休めという金額です。フリーで働くなら収入の入り口はいくつかあった方がいいとは思うので、これからも勉強していきたいです。

よく、広告を悪者にする方がいるのですが、個人的意見としては、確かに悪意ある感じの広告は私もお断りですが、少なくともデザインやイラストで仕事してきて、プロモーションに絡んだ仕事を一度もしたことがないと言い切れる方以外は、広告を悪者にすることは間違っていると思います。

広告の形は様々ですが、それで一回でも収入を得たことがある人は、広告を悪く言ってはいけないように思います。仁義に反すると思うからです。

テレビの世界でもCMの間におトイレになんて失言をして干されたMCの方いますよね。

広告を作る側も考えるべきことはたくさんあると思います。果たして嫌われない広告ってあるんでしょうか。

発信する側も受ける側にもメリットがあるプラスの意味でのコミュニケーションツールに広告がなるといいなと個人的には思う日々です。

物事の継続について

ブログの世界でよく言われている「とりあえず100記事書いてみる」と言うのは結構深い意味のある言葉なんだなとやってみて思いました。

最初は何を書いたらいいかさえ思いつかずに困りました。

段々とブログを書くことが毎日当たり前になってくると、ブログ基準で行動していたりします。書きたい事がわかってくると街を歩いていても楽しと思うことが増えました。

ただし、アクセスが集まる稼げる記事を書くことに限定すると私にはスピードも質も基準に満たない感じです。「半年でいくら稼いだ」みたいなプロのブロガーの方々のすごさを思い知るばかりです。

しかしながら継続している習慣が一つでもあると、他のことも継続してみたくなります。

とっても地味で普通の事しかやっていないので、恥ずかしいくらいなんですが、私が毎日継続していることリストです。

#今日の積み上げと言うタグでTwitterに書くこともありますが、書いてない日も基本セットは継続しています。

  • ブログ書く(公開出来なかったとしても1行でも書く)
  • 30分は歩く(筋トレって書いたらかっこいいけど、歩くのが精一杯)
  • 自炊する(健康管理と節約のため あとは料理は半分趣味)
  • 読書する(趣味と勉強半々)
  • ネタを毎日3つ書き出す(結果的にボツでもOK)

お次は継続したいけれど出来てないリストです。やる日もあればやらない日もあるって感じです。

  • 毎日クロッキーしてブログに公開
  • プログラミング学習して記事にする
  • 毎日誰かと会話する(メール、チャット以外)
  • 夜9時以降は食べない
  • 早寝早起き

もくもく系は自分の中では気持ちの上での継続ハードルは低めです。

しかし、クロッキーとプログラミング学習は、ブログでのアウトプットも一緒にしようと考えはじめたら何となくハードルが上がってしまって記事公開に時間がかかったり、公開するのに躊躇してしまったりで、うまく回っていません。でも、やりたいことなのでスローペースでもがんばりたいな。

クロッキーは描いたら公開すると決めた方が気合いが入ると思うので、続けるようにしたいです。

プログラミングは勉強したことを記事にするのに時間がかかります。まだよくわからないことを記事にするのは時間も労力もかかります。だからこそ、勉強になるのであえて記事にするべきだとも思いますが、ちょっと停滞しています。

もう少し小分けにしてちょこちょこアウトプットできるような方法に変えた方がいいかな。悩み中です。初学者はインプットに徹した方がいいという意見もありますが、ノートに勉強したことをまとめるなら、ブログ化した方がいいかなというくらいの感覚です。

また、会話するってちょっと変なタスクですが、私は油断すると誰とも話さないまま1日が過ぎるとことが多い生活です。結構それが平気だったりするので、逆に人として欠落してる気もしたりして、人がいるところへ出かけたりして、話す機会を作るように心がげています。

前は、AIスピーカーには結構話しかけてたんですが、Siriとかアレクサとかクローバーとか家中に氾濫している状況で、お孫さんが多いおばあさんみたいにAIの名前を間違えて、AIに皮肉を言われたりしはじめて、何だかめんどくさーって思ったので個人的には最近は脱AIです。

AIは精度も上がって結構的確な答えを返してくるようになっていると思いますが、感情も温度もないのが結構寂しいと感じてしまうんですよね。SF映画のようにAIに感情も実装されるような時代がもし来たら、人と一緒にいる意味さえ問われたりするのだろうか。。

ちなみに私の娘は、朝起きると私におはようというよりも先にアレクサと話してます。今日の気温を確認して洋服選んだりしていて、新世代だなと思います。私はベランダに出て肌で気温とか湿度を感じるタイプなので、思い切り世代間ギャップを味わっています。

私の友人で関西系のめちゃくちゃ喋るお姉さん的な方がいるんですが、そんな何日も家にひとりで籠城できる私のことを「ほんま、信じられへん!!」って言うんですよね。

その方は逆にいちいちメールするのが面倒だと言っていきなりピンポンするくらい行動的なんですが、私からしたらそっちの方が「ほんま、信じられへん!!」と同時に「すごいなあ」と思います。ちょっと羨ましいです。自分はなんて行動力ないんだろうとも思いますし。

人前で上手に話せる人や積極的な人は、生まれつきという方も時にいるとは思いますが、努力して身につけたという方もいると思います。

そうなんですよね。なんでも上手にやっているように見える人の外からは見えない努力は、100倍だったりして。そんなことに気がつくことが出来たことはよかったです。みんなコツコツ積み重ねて努力してるんだなあ。

だから性格だからって自分で決めつけて殻に閉じこもったり、挑戦しないのはやめようと思います。

体調の管理をする

早寝早起きや夜9時以降は食べないを継続したい目的は、ダイエットがメインですが寝不足の弊害もあったので気をつけるようになりました。

睡眠時間を削りがちだったのを反省して最低6時間しっかりと眠るようにしようと思っています。これからは、努力が表に出る年齢なんだと自覚したいと思います。目の下のクマがすごいんです。ブサイクに輪をかけてひどいことになってしまいました。だから、大体決まった時間にはちゃんと寝よう。

欲張りすぎて、体調を無視してしまうこともあったのですが、動けないくらい体調が悪くなってしまったこともあって、猛反省して睡眠時間を意識してスケジュールを組むようになりました。

歩いていると一瞬フワッとしてしまったり、座っているとガクッとなって意識飛んでたりすることがあって、調べたらちゃんと休まないとダメだとわかりました。車運転しないのでまだいいですが、危ないですよね。

もう、若くないんだー。力技は無理だー。と自覚しました。前は成り立っていたんですよね、力技でも。

もう、それではダメだから、質を考えないといけないんですね。

やりたいことを思い切りやってもゆとりの時間を残すためには、集中力が大事です。定まった時間の中でどのくらいの量なり質をこなすかにかかっているとも言えます。

そこで「Just Focus」というツールを入れてみました。最近は、ポモドーロテクニックという時間術を試しています。このツールは、25分集中したら5分休憩という時間管理をしてくれます。普通のタイマーとの違いは25分と5分を交互に表示してくれるところが便利です。25分は短いようですが、集中すると小仕事は一つ終わります。

5分の休憩時間には”Enjoy your coffee”なんてメッセージも出たりして、影の同僚的な感じ?ひとりで一日黙々と作業していると休憩を上手にとれてないことがあります。座りっぱなしは健康に悪いと最近よく言われますよね。

5分過ぎるとカーンと鐘が鳴り、”Back to work”とお知らせしてくれます。

効率を上げるための前向きな休憩は上手にするべきです。

もちろん、今日は乗ってるな調子がいいなという日は、放っておいても25分以上集中出来ますから、そういう時にこのツールを使うと逆効果かもしれません。

今日は頑張らないといけないけれども、やる気が出なくて困るなという時に使うと、小さく小分けされた時間内の集中ですから、取り掛かるまでのハードルが下がります。意外と取り掛かりはじめると乗ってくるってこと、ありますよね。

時間、タスクの管理を意識

当初イラストのポートフォリオサイトを作りたいために学んだWordPress。簡単に本格的なブログを作ることが出来ると聞いて自分でも出来そうだなと思い取り組みはじめたサイト作りでした。

確かに入り口のハードルは低くちょっと勉強したら、なんとなくサイトっぽいものはすぐ出来ましたが、深掘りすると知るべきことのあまりの奥深さに目がくらみました。

「自分のメディアを持ちたいな」なんて、今思うと思いつきレベルの行き当たりばったりのプロジェクトでしたが、続けるうちに気がつくことやアドバイスいただいたことなどもあり、少しづつ改善しています。

とにかく、楽しんでいるので続けています。テクニカルなことはまだまだですが、これからもずっと学んでいきたいと思っています。

知りたいこと、学びたいことの扉が開いた瞬間でもありました。キャパオーバーだと思ってしまうこともよくありましたが、キャパって広げようと思わないといつまでも広がりませんよね。少しだけ負荷をかけることは、成長には必要なんだと感じました。

色々とやりたいことを一気に取り掛かり混乱もしましたが、その中でタスクと時間の管理に目覚めました。

便利なツールを使ったり、方向性を広げつつ関連づけて深める意識を持つようになりました。最近使いはじめたのは、「Trello」です。

「Trello」は有名なツールですからすでに使いこなしている方も多いと思うのですが、私はいまだに基本は手帳派でGoogleカレンダー併用している状態です。

手帳とGoogleカレンダー併用していると情報が一元化されていなくて、約束の時間を間違ったりしてしまったことがあったりしました。

来年は紙の手帳を完全にやめるか迷っています。デジタルの方が検索も出来るし便利なんですが、どこか手帳にも愛着があったりして。でも、ツールを探せば自分にぴったりくるものが見つかるかもと思ったりで、少し迷っています。

Trello」は今の所、結構いい感じです。来年はいよいよ脱手帳かもしれません。

SNSに前向きに取り組むことにした

私は、ブログは割とすんなりはじめることが出来たのですが、問題はSNSです。苦手意識が強すぎて実は何年も放ったらかしにしていました。

SNSは文章も短いし気楽に投稿出来るから、ブログをはじめるよりもハードルが低いんじゃないのと思う人も多いかもしれません。

うーん。SNSが苦手な理由はたくさんあったんですが、最近平気になってきました。どうして、こんなに避けてきたのかちょっと思い出せなかったりします。とにかく、苦手だと思ってしまってから何年もSNSを放置しました。

日頃私は聞き役のことが多くて、自分の意見をズバッと言うタイプではありません。どちらかと言えば人の話を聞きたいタイプ。

SNSで発信するって自分の意見を言うことだと思いすぎていて、ネット上でもだんまりしていたのかな。そもそも、たいした意見を持ってなかったようにも思います。

SNS全部に同じような内容を投稿するのではなく、それぞれの特性を生かした投稿をしたいのですが、わからないことが多いです。最近集中的にSNS周りの本を読んでいるのですが、結局やってみてなんぼなんだとも思ったりして。

最近は、Twitterには馴染んできて気軽に呟いています。力が抜けたつぶやきの方が「いいね」されたりするので、Twitterは、あまり肩肘張らなくてもいいのかなって思わせてくれるきっかけでした。

その「いいね」に励まされたりすることがあることに気がついて、いろんな人の頑張る様子が共有出来るのっていいなと思うようになりました。

「いいね」は、ひとりで仕事したり勉強したりしてる人にとっては、大きい存在なのかもしれないなと思いました。だから「いいね」って思ったら「いいね」しようと思うようになりました。

また、速報性があるので、瞬間的に知りたいことなどはTwitterの出番ですよね。Twitterで検索して情報を集めることも時々しています。結構便利ですよね。

Facebookは基本的にリアルに知っている人と繋がるツールです。Twitterより狭いコミュニティなイメージ?また、お店などのサイトがない場合Facebookで代用しているようなことって時々あるんですね。色々な使われ方をしているんだと気がつきました。

私はFacebookは、あまり活用出来ていません。情報収集ツール化していますが、それでもいいのかな。

最近はメールは使わないけれどもFacebook経由でやりとりするっていう方もいるので、一応窓口は持っておきたいなという感じです。

Instagramだと「素敵な充実した生活をアップするキラキラツール」みたいな刷り込みがありすぎて手が出せませんでした。だってキラキラした生活を送ってないんですもん。何アップしたらいいかわかんないよー。なんて思っていました。

でも、Instagramって写真がメインなので、眺めていると綺麗な画像たくさん見られて楽しいんですよね。他の方のInstagramを見て癒されることが多かったので、そうか!と思いました。何もイケてるキラキラ生活をアップするんじゃなくてもいいんだーって。

私が最近Instagramに載せている写真は、綺麗だな、素敵だなと思った瞬間をアップしています。雲とか木とか誰のものでもない身近にあるけど、綺麗な一瞬みたいなものを写真にとって時々アップしています。

お友達に軽い気持ちで「見て見て、綺麗だと思わない?」と言うノリで写真を公開しています。

例えば今朝の散歩の写真。東京都内と思えないのどかな公園を散歩しています。かっこいい鳥に公園で出会いました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田真由美さん(@at_imaima)がシェアした投稿

ほんとは、SNSでイラストをたくさん公開するべきだとは思います。それは、もう少し先かな。粒ぞろいの作品が溜まったら徐々にイラスト公開していきたいです。そして、見た方が何かしたホッとしたり、暖かい気持ちになれるようなそんな物を出せるようになれたらいいなあ。お手本になるような素敵なアカウントはたくさん見ています。憧れますよね、いくつになっても素直に素敵な仕事をしている人は素敵だと思う心を持っていたいな。自分も物を作る仕事をしていますが、人の仕事は純粋な心で感じたり楽しみたいと思います。いい刺激ももらえるしね。

とりあえずはわたしも制作活動やらないと!!

パラレルワーカーとしての目覚め

長年専門性だけにこだわってきたわりには、結果も出せずに停滞して困っていました。

自分のことは客観的に見えていないことってありますよね。人からいただくアドバイスがターニングポイントになることって私は、時々あります。現状打破するにはいろんなことに挑戦してみることが、回り道なようで近道じゃないかなと思えるようになりました。

何でも屋というと悪口で言われることも多いように思うので、あえての横文字でパラレルワーカーとします。前向きな何でも屋です。専門性もありつつ枝葉の方向性も広げられたら最高ですよね。時間をかけて実現させることだと思うので、ロングスパンで挑戦します。

また、ブログ記事には書いていない今までとは全く違う方向性の仕事も始めました。非制作系です。逃げではないのですが、リスクヘッジすることでやりたいことを安心して出来るなら色々な仕事をするのもいいのではないかと思うようになりました。

前向きに年を取ることを考えた結果です。

どんな要素も自分の根っことなると確信があります。また、相乗効果が上がるように行動するのは自分の責任だとも思います。

なんでも活かそうと思えば活かせる。全ては自分次第。そんな風に信じてがんばります。

300日までの反省点

一番の反省点は絵を描く時間が減ったこと

古い知人の方が見たら「何やってんの、最近」そう思う方がいるかと思うんですが、今はサイトを育てているところです。詳しくは端折りますがサイトは公開した後で育てて行くことが大事で、最優先してやっているところだったりします。

絵の方は今日明日焦ったところでどうにもならないとよくわかっているつもりなので、じっくり取り組んでいます。若いころは無駄に焦って絵が描けなくなっていたようにも思います。

自分の中に表現したい何かがないといくら描いても仕方がないということにイマイチ気が付いていなかったのがいけなかったと思います。だから形ばかりになってしまうから、魅力に欠けるものになる。それは自分で描いていてわかってしまうので、ダメだーとなりの悪循環です。

自分で自分にうっとり出来るレベル。ナルシストになれたらいいのになあと思います。内容がきちんと伴っていたらナルシストはいいんじゃないかな。今は、遠くから自分にツッコミを入れちゃうくらいどこか客観的なんですよね。

これは、自分と向き合ってわかったことです。自覚を持てたので真正面から取り組みたいと思います。

絵を描く時間はこの秋は少し増やしたいです。

新しいデザインツールの研究は結構出来ました。ただ、研究結果のアウトプットが少なかったかな。これも反省点です。

 

まとめ 次の100日どうするか

次の100日にむけての決意表明です。

12月の頭が次の100日区切りです。秋は物事に集中出来そうで好きな季節です。

  1. ブログ書いてコンテンツを充実させたい。
  2. クリエーターEXPOに向けての準備をコツコツする。
  3. 展示に耐えるような作品数を増やす
  4. ブログ内の記事にイラストを追加していく
  5. プログラミングの勉強を続ける
  6. 制作以外の仕事から自分に欠けているスキルを学ぶ

基本的に前の100日と変わっていません。継続続行な感じです。6は追加です。特徴は伸ばしつつ偏りは補正していく感じにしたいです。

300日前の自分は、何もやらずに立ち止まっている状態でした。今の私は、悩みながらも歩いているので300日分の成長はあったと信じたいです。大人になると成長しないなんてがっかりしちゃいますから、のろくても昨日より今日少しでもよくなれるように。

 

【過去記事】100日ごとの決意記事まとめ

【0日目】2018年10月25日時点での決意表明全文はこちら

【100日目】2019年2月11日時点での決意表明全文はこちら

【200日目】2019年2月11日時点での決意表明全文はこちら

Informationカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。