【コワーキング】ワークスルーを使って1週間カフェスケッチチャレンジやってみた

【コワーキング】ワークスルーを使って1週間カフェスケッチチャレンジやってみた

カフェやホテルをコワーキングスペースとして気軽に使える「ワークスルー」というサービスを使って、1週間カフェスケッチに挑戦してみました。実際使ってみてどうだったのかイラストも交えてレポートします。

せっかくなのでスケッチで「映える」カフェで絵を描こう

1週間ワークスルーの拠点を巡り、カフェスケッチをします。

まずはワークスルーのアプリを登録。すると地図上でお店の位置や情報を確認できます。

アプリからは、利用可能な時間帯やフリードリンクやクーポンなどのサービス内容も見れますよ。

アプリを見ながら、1週間カフェスケッチを計画している時点でワクワクしてきます。さて、どこに行きましょうか?

拠点の写真から大体の雰囲気がわかるので、「絵に描きたくなるような」拠点を探します。せっかくなので、美味しそうなメニューのあるお店がいいかな。美味しいものの絵を描くのって楽しいんですよね。

 

今回の挑戦でカフェで描いたスケッチはSNSでも公開しています。よかったら見てくださいね。

カフェスケッチとは文字通りカフェでスケッチをする試みです。SNSでは#cafesketch というタグでスケッチを公開している方がたくさんいます。カフェに集う人々、コーヒーやフード、インテリアなど描きどころがたくさんあるカフェ空間で絵を描く時間はとても楽しいですよ。

 

【根津】ホテルグラフィー根津【カフェスケッチ1日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

記念すべきワークスルー体験第一弾は、ホテルグラフィー根津さんの1階にあるカフェスペースに行ってみました。

大きな窓がある明るい席と畳敷きのスペース、外のテラス席からお好きな席を選ぶことが出来ました。

おかわり自由なフリードリンクの用意もあるのがありがたい。カプチーノを飲みながらスケッチしてみました。

最寄駅は根津駅が近いですが、上野公園散歩のついでに立ち寄るのもいいかも。

【無料ドリンクメニュー】コーヒー、紅茶、デトックスウォーター(何杯でも)

【会員向けクーポン】なし

公式サイト https://www.hotel-graphy.com/

【中野】 GOOD MORNING CAFE中野セントラルパーク【カフェスケッチ2日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

中野駅近くの四季の森公園が目の前にあるカフェです。初夏のテラス席は気持ちよさそう。

中野ブロードウェイの賑やかな雰囲気とは一転して、このエリアは広々のんびりとした雰囲気です。

店名がGOOD MORNING CAFEだから、きっと朝ごはんが美味しいよね。今度またゆっくり行きたいです。

【無料ドリンクメニュー】コーヒー、紅茶(1杯まで)

【会員向けクーポン】なし

公式サイト https://www.gmc-nakano.com/

【末広町】大正浪漫喫茶 秋葉原和堂【カフェスケッチ3日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

東京メトロ銀座線末広町駅前にあるおしゃれ系の漫画喫茶の秋葉原和堂(なごみどう)さん。

基本的な仕組みは普通の漫画喫茶と変わりませんが、インテリアやメニューが大正浪漫をコンセプトにしているところがちょっと個性的。

執事とかメイドさんが出て来そうな雰囲気で、実際店員の女の子の衣装が可愛かったです。(お客さんは9割男性でした。)

かわいい見かけによらず貸し出しの備品やコピー機もあるので、実はがっつり仕事で使える拠点かも。

 

レトロっぽいカフェメニューの梅紅茶を注文して絵にしてみました。梅紅茶って初めて知ったのですが、レモンティーの酸っぱさを梅干しが担当してる感じの飲み物です。さっぱりとしていてよいですね。

メニューの注文はQRコードを使って自分の携帯から出来るのですが、テーブルの上にある金色のベルでメイドさんを呼んで注文も可能。私はうっかりQRで注文してしまいましたが、せっかくならベルを鳴らすんだった!心残りです。

【無料ドリンクメニュー】水のみ

【会員向けクーポン】なし

公式サイト https://www.nagomi-cafe.com/

【銀座】Cafe&Dinining ballo ballo 銀座【カフェスケッチ4日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

JR有楽町駅近くのイタリアンレストランCafe&Dinining ballo ballo

この日はお昼ご飯を食べそびれたので遅めのランチも兼ねて訪問。

パスタは麺がモチモチで美味しかったです。

空いている時間にお邪魔したので広々した店内でぽつんとお絵描き。

会員限定のフード20%OFFクーポンもありますよ。

【無料ドリンクメニュー】烏龍茶、ジャスミン茶、コーラ、ジンジャーエール(何杯でも)

【会員向けクーポン】ドリンク全品20%OFF フード全品20%OFF

公式サイト https://www.dd-holdings.jp/shops/balloballo/ginza#/

【新宿】Paul Bassett【カフェスケッチ5日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

世界チャンピオンのバリスタポールバセットさんの名前を冠したカフェPaul Bassett

朝7:30から利用できるので朝活するのもいいなあ。

野村ビルの地下にあるお店ですが店内は広いし、吹き抜けがあって明るいので開放感がありました。なんだか居心地が良い空間。

コーヒー好きにはたまらないのが会員特典のコーヒー1杯無料のサービス。本当にいいのかしら。専門店のコーヒーが飲めるなら毎日通いたくなるなあ。

ドリンクメニューが充実しているので、サービスメニューにないコーヒーはクーポンを使ってお代わりしよう。

【無料ドリンクメニュー】コーヒー、アイスコーヒー、アイスティー(1杯まで)

【会員向けクーポン】ドリンク全品100円引き

公式サイト http://paulbassett.jp

【渋谷】ウサギ【カフェスケッチ6日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

「アボガド、チーズ、時々、イギリス」がコンセプトの喫茶店、渋谷ウサギ

個人的にツボなアボガト、イギリスというキーワードに惹かれて思わず行ってみたかわいいお店。

脳内で外国旅行ができるのが絵描きにはよいお店だと思います。

 

【無料ドリンクメニュー】なし

【会員向けクーポン】ドリンク全品10%OFF フード全品10%OFF

公式サイト https://www.shibuyausagi.com/

【銀座】Tír na nÓg(ティル・ナ・ノーグ)【カフェスケッチ7日目】

 

この投稿をInstagramで見る

 

icemammy(@icemammy)がシェアした投稿

妖精がコンセプトのファンタジーなカフェバーTír na nÓg(ティル・ナ・ノーグ)。バンコクなど海外にもお店があるそうですが日本銀座店だけらしいです。

晴海通りから少し路地を入った地下にあるので、隠れ家的なお店。

「映え」で言ったら今回お邪魔したお店の中でナンバーワンかもしれません。

というのも店内の天井からは謎の鍵が無数にぶら下がっていたり、鉄でできた妖精のオブジェがあちこちにあったり。妖精の魔法の粉の瓶詰めもいっぱい。絵描きの妄想を思い切り掻き立てるお店でした。

夜のバータイムは見て楽しめる綺麗なカクテル類がたくさんあるみたい。普段はテーブルチャージがかかるお店のようなのですが、ワークスルーユーザーはチャージなし、かつドリンク1杯サービスなのがうれしいです。

 

【無料ドリンクメニュー】 コーヒー、紅茶、ココア、カフェラテ(1杯まで)

【会員向けクーポン】なし

公式サイト https://www.tirnanog-ginza.com/

そもそもワークスルーとはどんなサービスなのか

ワークスルーは月額5400円の会費で、登録されている全拠点が使い放題になるコワーキングスペースのサービスです。

ちょっと試したい方向けの1週間プランや1日だけ使えるプランもあります。

 

仮に毎日どこかの拠点を利用すると一日あたり180円ほど。(月額プランの場合)およそコーヒー1/2杯分の価格で作業場所を確保できます。

拠点ごとに利用可能な時間帯が違いますが設定時間内であれば時間無制限でスペースを利用可能。(土日やランチタイムは使えない拠点もあるので注意)

まずはワークスルーのアプリのダウンロードと会員登録が必要です。

ワークスルーではどんな場所が使えるの?

ざっくり言うとコワーキングスペースだけでなく、ネットカフェやカラオケ、ホテルの個室、カフェやレストランなどの飲食店が提携しています。今のところ使える拠点は東京をはじめとする首都圏メインで80拠点ほどでした。

様々なタイプの拠点があるので、利用目的や相性によって好きな場所を選ぶことが可能です。

当日ふらりと使える「使い放題席」と時間制有料の個室がある拠点があります。

 

例えば、落ち着いた環境でオンラインミーティングしたいならホテルやネットカフェの個室がいいかも。

なんとなく人の気配や物音がある方が集中できるという人ならカフェを予約するのもいいですね。

私の場合はカフェを中心に利用しましたが、新しいカフェとの出会いもあって楽しかったです。

 

ワークスルーを使う3つのメリット

実際にワークスルーを使ってみて、よかったところを3つご紹介します。

1.拠点には電源とwi-fiが完備されている

私の場合、スケッチをするためにiPad Proを使用しているのですが、拠点には電源があるのでバッテリーを持ち歩かなくてもいいのがうれしいです。

以前は電源のあるカフェを検索したりしていましたが、ちょっと面倒な時もあったので助かります。

専用の電源席があるお店とお店の壁に普通についている電源を使わせてもらえるお店に分かれます。店舗系の拠点は、電源がある席とない席が分かれる場合もありましたので、電源が必要な場合はお店の方に一声かける必要があります。

2.お仕事をする前提で提供されている空間なので作業しやすい

ワークスルーに登録されているお店は、空いている時間帯の席をユーザーに提供しています。

だから使う側は、心理的に店内で作業をしやすい気がします。

がっつりお仕事をしたい場合は、コワーキングスペースの拠点を選ぶと集中できそう。

3.飲み物を注文しなくても気兼ねなくお店を使うことができる

普通にカフェでお仕事をする時はワンドリンクを注文して席を使わせてもらうのが普通ですよね。

しかし、ワークスルーを通して席を予約すると必ずワンドリンクを注文しなくても大丈夫。ワークスルーの利用料を払っているので、当日の利用料をお店に支払う必要ありません。(注意:ホテルの客室やネットカフェの個室を使いたい場合は、別途利用料がかかります)

会員向けにフリードリンクを用意しているお店もあるので、アプリでサービス内容をチェックしてみましょう。

実際に使ってみた感想

  • 土日やランチタイムに使える拠点が増えるとうれしい
  • 朝から使える拠点が増えたら会社員のユーザーが増えそう
  • 拠点の場所は都心がメインなので住宅地の拠点も増えないかな
  • コワーキングスペースは実は穴場?

お店の空いている時間を活用するサービスなので仕方ない面もありますが、朝活に使える拠点があれば会社員の方にも広がりそうなサービスだと思いました。

拠点は東京の渋谷、新宿など大きな駅周辺に集中している感があります。今後の希望としては自分の暮らす街に拠点があって、日常の延長線上で利用が出来るといいなあ。

近くに拠点がない場合もたまに違う場所で作業をすると気分転換になってよいかもしれないです。

今回絵にするためにカフェを中心に訪問しましたが、地味にお得なのでは?と感じたのがコワーキングスペースの利用です。ワークスルーを通すと各拠点ごとの通常の利用料金より割安で使えるので、席が空いていたらチャンスだと思います。

ワークスルーの登録はこちらから

ワークスルーにご興味ある方はこちらのワークスルー公式サイトより詳細を確認してみてくださいね。

なお記事中の情報は2021年6月現在のものです。拠点は随時追加されるようなので、最新情報をお確かめの上お出かけください。

ワークスルー https://work-thru.com/

お絵かき散歩カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。