【山種美術館】日本画と街の名もなき花たち【アートな花散歩】

【山種美術館】日本画と街の名もなき花たち【アートな花散歩】

季節の美しい花々。枯れずにずっと眺めていられたらいいですね。でも季節とともに変化するからこそ美しいのかもしれません。また、絵画に残すと時代を超えて美を共有できるのが、美術のいいところ。今回は、溢れかえるばかりの時を超えた四季の華を堪能して来ました。

山種美術館 広尾開館10周年記念特別展『花・Flower・華―四季を彩る―』

展示概要

会期: 2019年4月6日(土)~6月2日(日)

開館時間: 午前10時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)

入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料 きもので行くと200円割引

まさに百花繚乱

花をテーマにした展示。来場者はほとんどが女性の方でした。お花が好きな方は多いのかな。

目の前に大変美しい花があったとしたら、画家なら描かずにはいられないのと同じで、観る人にとってもお花は思わず見に行きたくなるモチーフなんだなと思いました。

梅、桜、牡丹、百合、朝顔、菊、水仙、椿など、春夏秋冬の順に展示された作品を眺めて行くと花の一年を体感することができます。

わたしは、やはり春の花が一番好きです。その中でも桜は格別。

わたしは桜川という地名の雪国の街で生まれ育ちました。文字通り桜並木と川がある街です。雪国の春は、寒い雪の季節と対照的に爆発的な喜びを持ってやってきます。子どもながらに春が来る喜びは、いまだに思い出すと居ても立ってもいられない気持ちにさせてくれます。

そんな思い出と共に、桜の絵画を眺めているからこそなのかな。沸き立つような春の喜びを感じる川﨑 小虎 の『春の訪れ』という絵に釘付けになりました。

勝手に書いている個人ブログなので、写真載せられないのが残念ですが、ふんわり優しい色彩の日本画で、春の陽気と様々な花が咲き乱れている様子が夢の世界のよう。みていると自然とため息が出そうです。

気になったら、川﨑 小虎 『春の訪れ』でググってみてくださいw

 

他にも展覧会のポスターにもなっている荒木 十畝の『四季花鳥』

大正時代に描かれたとは思えない鮮やかな色彩とモダンな感覚。4幅の作品は花はリアルな表現ながら、図案化されて計算された構図にデザインの要素も感じました。

 

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】花・Flower・華―四季を彩る―」菱田春草《白牡丹》山種美術館

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】花・Flower・華―四季を彩る―」菱田春草《白牡丹》山種美術館

 

こちらの作品だけ撮影可能ということで、写真をとってみました。白牡丹の花。いかがでしょうか。少しだけおすそ分けです。

道すがらの花との出会い

そうそう、美術館の道すがら都会の路地に咲いている花とは思えないような たくさんの花に出会いました。思わず、パチリ。

そろそろ紫陽花の季節ですね。見てください。この色彩。絵のエッセンスになることを信じて記憶の中にしまいます。

美術館をで絵を見た帰り道。あきらかに、街の美しいものに敏感になっている自分を発見できるはず。

心で感じる景色。今日見た画家達がこの花を見たら、どのような絵を描いて残すのでしょうか。

ふとそんなことを考えました。

展覧会カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。